QOLってなに?~私たちが介護をする前に知っておきたいこと~

健康 , 病気 , 介護 , 生活 , QOL
Line button
2016.03.02
QOLとは

介護する時に考えておきたい「QOL」

介護の現場でよく用いられる言葉のひとつに、「QOL」というものがあります。介護サービスを提供する際には、この「QOLの向上」を目標にしていることが多いようですね。

とはいえ、一般にはなかなか馴染みのない言葉。今回は、このQOLの意味について詳しく考えていきたいと思います。

QOLとは?

QOLとは、Quality Of Life(クオリティ・オブ・ライフ)の略語。直訳すると「生活の質」という意味です。心身共に健康で生きがいのある日々を送っていれば、それはQOL(生活の質)の高い状態といえます。
では、病気やけがで心やからだの健康が損なわれたり、加齢によってからだの衰えが進むとどうでしょう?これまでと同じような生活を送るのは、ちょっと難しくなります。つまり、QOLは低下した状態というわけです。

この状態を改善するためには、医療や介護の力が必要になります。たとえば、病気の治療、リハビリテーション、日常生活の介護といった方法で、QOLの維持や向上が目指せます。

QOLを左右する。ケアのあり方

ただ、治療やリハビリテーションを行っても、もとの健康な心やからだを取り戻せない場合も考えられますね。ですが、そんな多少の不便さはあっても、本人が望むケアが受けられていれば、その人は精神的に満たされ、QOLも保たれるといわれています。

では反対に、手厚い介護を受けているのに、それが本人の望んだものでなければ…。一概には言えませんが、QOLの向上にはいたらないケースがあるかもしれませんね。このように、QOLは人それぞれの価値観や感じ取り方によってさまざまに捕らえられます。

本当に必要なのは、QOLの本質を考えたケア

介護を必要とする人のQOLを考えるうえで大切なことは、次のようなことです。

  • その人が自分で必要なケアを選んでいるか
  • その人らしい生活を自分で作り上げていけるように、周囲が実現できる環境を整えているか
  • 例えば失った機能が十分に回復しなくてもその人が「これでいい」と思い、生きがいをもって生活しているか
  • 実際に介護をする際は、本人の意思だけですべてを決めるわけにはいかないことも多くあると思います。できるだけこのようなQOLの本質を頭の片隅に置きながら、日々の関わりを持てると良いですね。

    と思ったら、友だちに共有しよう。
    介護のほんねニュースをフォローする 

    関連リンク

    Facebookコメント

    寄稿者

    編集者画像

    チヴェッタ

    介護のほんねニュースのライター。話題の介護関連キーワードの中から気になるトピックについて解説します。