セルフケアプランで自分の老後をプロデュースしよう!

老後 , 介護保険 , ケアプラン
Line button
2014.12.16
セルフケアプラン

ケアマネじゃなくてもケアプランは作れる!

今や介護関係者や高齢者を抱える家族以外にもよく知られるようになってきた「ケアプラン」。
これは「介護を必要とする方が適切なサービスを利用できるように、心身の状態や家庭の状況などを考えて、サービスの種類・内容・担当者を定めた計画(埼玉県HPより)」の事。介護計画表、介護サービス計画表とも言いますね。
どうやら世間ではこのケアプランはケアマネさん(介護支援専門員)しか作れないもの、と思っている人がほとんどのようです。でも実はケアプランを作るのに特別な資格は必要ないってご存知ですか?
そして最近、自分や自分の家族のケアプランを自作しよう!という動きが広がってきているようなんです。(*市町村への届け出が必要)
出典:http://www.pref.saitama.lg.jp/

「丸投げしない老後の暮らし方」講座って?

全国マイケアプラン・ネットワークが定期的に開催するケアプランの自己作成体験講座
この日は40人が参加しました。
6人程度のグループを作った参加者たちはそれぞれ『同居中の長女』や『別居中の次女』などの役割を決め、「80歳の母のための介護プラン」を作成することに。中には「決められた介護点数を使い切らなきゃ」「せっかくだからあれもこれも受けさせよう」と、ついつい欲張ってしまう人もいたようです。
ですが「自己作成の利点は、本人の希望に合わせられ、介護保険の仕組みに詳しくなること、仲間が増えること」と語る運営委員の言葉通り、それぞれ収穫があったようです。
出典:http://iryou.chunichi.co.jp/

セルフケアプランで色んな発見をしよう!

ケアプランをセルフで作る時は、いかに計画表を埋めるか点数を使い切るかが重要ではありません。肝心なのは、プランを作成することによって色々な学びがあること。
自分の親が思った以上に介護度が進んでいる事や、住んでいる自治体の制度、いろいろ新しい発見があるでしょう。そして介護点数はただのポイントではなく、お金だという意識も芽生えるかもしれません。つまり、本人が払う費用の9倍の金額を国や自治体が負担してくれていると言う事。今は負担する側でもいつかは負担してもらう立場になるのです。
そんな事を考えながら、自分や身近な人のケアプランを作成してみるのも良いかもしれませんね。きっと世間の高齢者問題や介護問題が他人事ではなくもっと身近に感じられますよ。
出典:http://www.mycareplan-net.com/
と思ったら、友だちに共有しよう。
介護のほんねニュースをフォローする 

関連リンク

Facebookコメント

寄稿者

編集者画像

ポッポ

介護のほんねニュースのライター。話題の介護関連キーワードの中から気になるトピックについて解説します。

閲覧数ランキング