父の介護を10年間。私のカイゴ回顧録 ~今は、“老い”を受け入れにくい時代です[中編]

親の介護 , 高齢者 , 家族 , 介護 , 老い , 核家族
Line button
2016.04.12
老いを受け入れにくい時代

老いていくということ、死ぬということ

核家族化が進む中、自分の親や今の高齢者が「老いていくということ」、「死ぬということ」に、私たちはきちんと向き合えているのでしょうか?

親や、お世話になった先生や尊敬の念を抱いている先輩諸氏に関しては、若い時・元気に活躍していた時のイメージのままのことも多いもの。しばらく会わずにいて再会した時、見た目や振る舞い、言動の変化に戸惑い、どうしていいのかわからなくなることもあります。

自分の親など身近な人に関しては、同じ話を何度もしたり、家の中でつまずくといった変化が気になる瞬間も出てきます。ですが、そういった些細な変化に気づいても、見なかったこと・なかったことにしているかもしれません。

募る不安に追いつかない感情

理解したつもりでも、感情がついていかないこともあります。見たくないものや心が否定したことは、無意識に感情に沿うように解釈をして心の整理をしてしまいます。親や尊敬する方について、【老いていく】という現実を受け入れられず、できないことを病気や人間関係に結び付けて、無理に納得させているようなことはないでしょうか?

たしかにそれは、【いつか起こるかもしれないこと】なのかもしれません。わかってはいるけれど、心のどこかで不安を覚えながらも、「今」ではないことを祈りつつ、とりあえず何もなければいい、そして、できればその日は来ないでほしいと、考えないように、見ないように過ごしているのかもしれません。

いざというときに…

でもそれは、いざという時の対処が遅れることになり、
「あの時、考えていれば、なんとかしていれば」
といった、後悔につながることになるかもしれません。

<続く>

この寄稿文は全3回の連載です。

  • ひとりを楽しむ、アラフォー・40代独身女性「ソロネーゼ」のWEBマガジン【doppo】
  • “老い”を受け入れにくい、今だから…
  • POLE・STAR株式会社
  • この記事は、doppo の内容をアレンジしてお送りしています

    と思ったら、友だちに共有しよう。
    介護のほんねニュースをフォローする 

    関連リンク

    Facebookコメント

    寄稿者

    編集者画像

    佐久間 理央

    POLE・STAR株式会社ディレクター
    大正大学大学院人間研究科修士課程修了(社会福祉学)。
    私立国際武道大学、社会福祉法人武蔵野療園、社会福祉法人渋谷区社会福祉協議会等を経て現在POLE・STAR株式会社を設立。
    主に福祉や生活に関する相談、コンサルティングを行っている。