父の介護を10年間。私のカイゴ回顧録 ~今は、“老い”を受け入れにくい時代です[後編]

親の介護 , 高齢者 , 家族 , 介護 , 老い
Line button
2016.04.27
老いを受け入れにくい時代

親の「老い」を感じるとき

自分の親の“老い”の兆候を目にした時、私たちはどんな風に思うでしょうか?人間の感情や思考はコンピューターの様に、その人に起こる様々な変化を淡々と刻むようにはできておらず、自分にとって都合のいいように忘れ、解釈を変えていってしまいます。

「あれ?」

と一瞬感じても、一時的なものだと解釈したり、見なかったことにしてしまったりしているかもしれません。

年齢の割に元気なのかもしれません。それはそれでいいことです。しかし本当は、見た目や普段の生活からはわからない老いや、気力を失っていることもあるのではないでしょうか?

都合のいい願望と不都合な真実

「うちの親はまだ大丈夫」

「もう少し本人の好きにさせてあげたい」

という思いや、

「まだもう少し先であってほしい」

という願望から、都合のいいことだけを見ているかもしれません。親の老いは働き盛りの世代にとって深刻な問題であり、不都合な真実になりえることも。

人は確実に歳をとる

しかし、人は確実に歳をとります。時には客観的に、年齢や状況などを見つめることも大切だと思います。家族それぞれの考え方に柔軟性があり、体も動くうちに、介護やそれにまつわる必要なことを共に考えておくためにも、備えることはお互いにとっても悪いことではありません。

きちんと「今」の状況を受け入れることは、これからの生活を心豊かに過ごすために、とても重要なことだと考えます。

<続く>

この寄稿文は全3回の連載です。

  • ひとりを楽しむ、アラフォー・40代独身女性「ソロネーゼ」のWEBマガジン【doppo】
  • “老い”を受け入れにくい、今だから…
  • POLE・STAR株式会社
  • この記事は、doppo の内容をアレンジしてお送りしています

    と思ったら、友だちに共有しよう。
    介護のほんねニュースをフォローする 

    関連リンク

    Facebookコメント

    寄稿者

    編集者画像

    佐久間 理央

    POLE・STAR株式会社ディレクター
    大正大学大学院人間研究科修士課程修了(社会福祉学)。
    私立国際武道大学、社会福祉法人武蔵野療園、社会福祉法人渋谷区社会福祉協議会等を経て現在POLE・STAR株式会社を設立。
    主に福祉や生活に関する相談、コンサルティングを行っている。