家族の介護生活が始まったら車の免許は必須?

介護タクシー , 介護施設 , 運転免許 , 家族 , 介護 , アクセス
Line button
2016.04.11
車の免許

免許を持っておいた方が良い場合とは

免許を取る際に、まず確かめておきたいのが頻繁に利用しそうな施設や病院の公共交通機関でのアクセスです。例えば景観のいい高台や、町はずれの閑静な場所にある施設はアクセスが不便な場合が多いもの。それでも「そこがいい!」という場合は車の免許取得も視野に入れたいところです。

とはいえ免許はすぐに取れないもの。家族で話し合って、もしアクセスが不便な施設や病院に通いたいという強い希望があれば、早めに免許取得の準備をしたほうがいいでしょう。

要介護認定を受けていたら利用したい介護タクシー

介護タクシーは、介助が必要な高齢者や歩行が難しい方のためのタクシーです。通常のタクシーよりも後部ドアの間口が広く、車椅子やストレッチャーのまま乗車できるなどの特徴があります。また、介護タクシーの中にはヘルパーさんが同乗してくれたり、運転手自身がヘルパーの資格をもっていたりする会社もあり、車上でのケアはもちろん、買い物やお出かけの支度まで行ってくれます。

たいへん便利な介護タクシーですが、その分料金は高めです。何度も使うことを考えたら自家用車のほうが経済的かもしれません。ただし介護保険が適用されますから、介護される方の介護度を確認しておくと便利です。

街中の介護施設や病院を利用する場合

ご家族が利用するのが街中の介護施設や病院の場合、車での送迎や面会はかえって大変かもしれません。というのも近くに駐車スペースを見つけるのが難しいからです。けれどもそうした施設は、地下鉄やバス停などの駅チカに立地し、公共交通でのアクセスは抜群に良いことが多く、家族も気軽に面会に行くこともできます。

免許を持っていなくても、焦らずによく検討を

このように、介護のために車の免許を取るかどうかは、介護を受ける方の希望や家族の事情次第。介護施設を訪ねる頻度や、荷物の多さなども考慮に入れたいところです。自家用車がいいか、介護タクシーでもいいか、公共交通機関で十分かなど、あらゆる手段を検討したうえで、決めるようにしたいですね。

と思ったら、友だちに共有しよう。
介護のほんねニュースをフォローする 

関連リンク

Facebookコメント

寄稿者

編集者画像

ロビン

介護のほんねニュースのライター。話題の介護関連キーワードの中から気になるトピックについて解説します。