ウェアラブルロボット「マッスルスーツ®」を体験!

介護 , ウェアラブルロボット , 株式会社イノフィス , マッスルスーツ
Line button
2016.04.08
マッスルスーツ

マッスルスーツとは?

「マッスルスーツ」は、物流や介護など重労働の負担を軽減するために、東京理科大学教授の小林宏氏によって開発されました。今回は、総販売元の株式会社イノフィスさんにお邪魔し、マッスルスーツを体験させてもらいました。

吉田哲二さんと村上知美さん

担当してくれたのは営業開発部長の吉田哲二さん。体験者モデルは村上知美さんです。

マッスルスーツ2

マッスルスーツは、エアホースの有無やスイッチの種類など色々な組み合わせがあり、トータルで24種類にもなるそうです。今回は、「標準モデルx補助タンク有」(白)と「軽補助モデルx補助タンク無」(青)、そしてコンプレッサやタンクの必要がない「スタンドアローンモデル」(ピンク)を体験しました。

ちなみに標準モデルの場合、人工筋肉のゴムチューブが左右2本ずつで計4本。軽補助モデルは左右1本ずつで計2本です。インターフェースは呼気スイッチでした。

フレームやカバーのカラーは、ブルーやピンクなどが用意されていますが、ご要望があれば何色にでも対応してくれるとのことです。水玉模様でもいいみたいですよ。

マッスルスーツ3

フレームはアルミなので、見た目よりとても軽いです。標準モデル(フリーサイズ)が5.5㎏、軽補助モデル(フリーサイズ)が4.2㎏です。

マッスルスーツ4

まずは、「標準モデルx補助タンク有」を装着。介護現場で使用されているものは、コンプレッサからエアホースをマッスルスーツに直接つなぐタイプではなく、空気を補助タンクに溜めて背負うタイプが多いそうです。

補助タンクを使用する場合、空気が持続する限度回数は、一番下まで屈み上半身もいっぱいに起こすなら15回程度、ベッドへの移乗など通常の介護の動作範囲だと、30回くらいは使用できるそうです。補助タンク内の空気がカラになれば、コンプレッサで空気を補充しますが、1日に1回空気を入れれば間に合うそうです。

マッスルスーツ5 空気を入れてスイッチON。

続きはこちら→ウェアラブルロボット「マッスルスーツ®」を体験!

と思ったら、友だちに共有しよう。
介護のほんねニュースをフォローする 

関連リンク

Facebookコメント

寄稿者

編集者画像

深澤裕之(LifePicks代表)

介護事業所向けにホームページ制作やメディア戦略コンサルティングを行う。介護の魅力的な道具を伝えるWEBメディア「グラムケア」、介護用品オンラインショップ「グラムケアストア」を運営。介護専門職の総合情報誌「おはよう21」制作ディレクター。コーポレートサイト