音楽療法士 ~音楽の力で人を癒そう~

レクリエーション , 資格 , 音楽療法士
Line button
2014.12.29
音楽療法士

音楽療法士の仕事

音楽の持つ生理的、心理的、社会的働きを用いて、心身の障害の回復、機能の維持改善、生活の質の向上、行動の変容などに向けて、音楽を意図的、計画的に使用すること
音楽療法とは、日本音楽療法学会によると、以上のとおりに定義されています。 音楽療法士は、この音楽療法により、対象者の状態に合わせ、音楽を聞かせたり、一緒に歌ったり、ピアノやギターなどの楽器を演奏したりします。
また、音楽療法士は、精神病院や老人ホーム、リハビリ施設など、おもに医療や福祉の現場で活躍しています。そのため、音楽によって、認知症の高齢者や精神障碍者などを対象に治療を行っています。ただ、薬を使った治療などとは違い、人の気持ちを癒すことが目的なので、時間がかかる場合が多いため、粘り強い治療が必要になります。
音楽療法士は、さまざまな悩みや病気をかかえ身体や心が弱り、人との触れ合いをしなくなってしまった人を、音楽の力により明るい気持ちにさせることが出来ます。音楽が心から好きな人や誰かの役に立ちたいという強い気持ちを持った人に向いている仕事だと思います。
出典:http://www.jmta.jp/

音楽療法士になるには?

音楽療法士になるには資格が必要です。まずは、日本音楽療法学会認定音楽療法士の資格試験を受験できる学校に入学することです。この学会が認定している学校は全国各地にあります。ここで必要な研修を完了すれば、音楽療法士(補)の試験を受験することが出来ます。
これに合格すると、学会認定音楽療法士資格審査(面接試験)を受験する資格を得ることが出来ます。この試験に合格すると、音楽療法士になることが出来ます。
出典:http://shingakunet.com/

音楽療法士の今後

日本での音楽療法士の認知度はまだまだ低いのが現状です。資格を得ることが出来ても、常勤として音楽療法士一本で勤務出来ることは少ないようです。非常勤として勤務し、他の仕事と同時に行っている方が多いようです。ですが、アメリカなどの海外では、日本よりも浸透しており、安定した専門職として認められているようです。今の時代、心に病を持った人が多く、自殺者なども多い中で、ますます音楽療法士のニーズは強まっていくものと考えられます。
出典:http://careergarden.jp/
と思ったら、友だちに共有しよう。
介護のほんねニュースをフォローする 

関連リンク

Facebookコメント

寄稿者

編集者画像

coba

介護のほんねニュースのライター。話題の介護関連キーワードの中から気になるトピックについて解説します。