由来は?どんな日? 11月11日は「介護の日」

地域交流 , 介護の日 , イベント紹介 , 認知症カフェ , イベント , 家族交流会 , 福祉イベント , 11月11日 , オレンジカフェ
Line button
2016.11.11
介護の日とってどんな日

初めて聞いた方向け!「介護の日」とは?

11月11日は「介護の日」です。もしかしたらなじみのない方もいるかもしれません。厚生労働省のサイトによれば、

  • 介護についての理解と認識を深める
  • 介護サービス利用者とその家族、介護従事者等の支援
  • 介護をに関わる人を取り巻く地域社会での支え合い、交流の促進
  • これらを総合的に国民に対して啓発していこうという日なのだそうです。

    今回は、介護の日の由来や、介護の日に関する取り組みなどをご紹介していきます!

    介護の日の名前や日付の由来って?

    介護の日の日にちや名称は、国民からの意見を取り入れて選ばれました。「いい日、いい日、毎日、あったか介護ありがとう」を念頭に定められたもので、「いい日、いい日」にかけて11月11日というわけですね。一度覚えたら忘れられなさそうです♪

    具体的にはどんなことをやっているの?

    さて、この介護の日、具体的には何をしているのでしょうか。この日前後に、各地で介護の日に関するイベントが行われています。その多くは介護用品や福祉機器の展示・体験会、介護相談などです。

    たとえば和歌山県の「わかやま『介護の日』イベント」では、上記に加え、介護に関するクイズ、介護食の展示、介護予防体操などを行っているそうです。宮城では「介護の魅力フェスタ in みやぎ」と名付けてよりストレートに伝わりやすいイベントを開催しています。介護食の試食や、就職相談コーナー、介護ロボット展示コーナーなどを設けて、より介護に親しみやすいイベントにしているようですね。また、オレンジカフェ(認知症カフェ)も設置し、認知症の介護にあたる家族の交流の場も設けています。

    えっ、こんなことまで?面白企画も続々登場

    そのほか、ユニークな企画を実施しているところもあります。

    静岡県では「ケアごはんアイデアコンクール」を行い、おじいちゃんおばあちゃんに喜んでもらえる料理のアイデアを募集しました。埼玉県では「コバトンのハートフルメッセージ」と題して介護の現場で働くスタッフに向けて日ごろ伝えられない感謝の気持ちや提案などを伝えるメッセージを募集。寄せられた提案をもとに模範となる取り組みを行った事業者に対して表彰が行われました。このように、各自治体で介護を身近に感じるための催しが行われています。この機会にぜひ、お近くの「介護の日」関連イベントに足を運んでみてください。

    と思ったら、友だちに共有しよう。
    介護のほんねニュースをフォローする 

    関連リンク

    Facebookコメント

    寄稿者

    編集者画像

    tamago

    介護のほんねニュースのライター。話題の介護関連キーワードの中から気になるトピックについて解説します。