高齢者の成人式「還暦」を迎えたらやっておきたい事

成人式 , 還暦
Line button
2015.01.19
還暦

今年の成人の日も無事終了!

まだお正月気分が抜けきらない毎年1月第2土曜日は成人の日。成人の日は「若者たちが大人になった事を自覚し、みずから生き抜こうとする青年たちを励ます日(『INHAMAMATSU.COM』より)」とされています。自治体によっては、里帰りする若者が多いお正月時期に成人式を行う事もあるようですね。
実は昨年度、成人の日に合わせて行われたちょっとユニークな式典がありました。

高齢者のための「もう1つの成人式」が行われていた

東京都中央区で行われた「もう一つの成人式」に全国から集まったのは60歳以上の高齢者の皆さん。自らの老化や家族をネタにした川柳やエッセイで、「二十歳の主張」ならぬ「高齢者の主張」を行いました。
昔は人生50年、60年と言われた時代もありましたが、今は人生80年が当たり前の時代。還暦を迎える60歳の方にとっても、まだまだ人生これからです。もっとも、「歳を取ったな」と自覚し始めるのもこの頃もしれません。ですが、それと同時に「まだまだやれるぞ!」と自らを奮い立たせる気持ちを持つ方も多いんじゃないでしょうか。
出典:http://www.nhk.or.jp/

これからの高齢者ライフを満喫するために!

とっくに子供は手が離れたとは言え、60歳以降の人生も趣味に孫のお守りにとまだまだ忙しい毎日。中には今年が孫の成人式だったという方もいるかもしれませんね。
自分が成人式に参加した時は色んな夢や希望を抱いて人生設計を描き、20年後、40年後と遠い将来の事を考えました。今まさにその40年後、還暦と言う1つの節目を迎えた時に、今までの人生をあらためて振り返ってみるのはどうでしょう。そしてこれから先20年の事についても考えてみてください。
万が一介護が必要になった時の話やお墓の話だって、元気なうちに家族と相談しておくと安心です。それに久々に夫婦水入らずの旅行をしたり、孫の学校行事に参加したり、たくさん楽しい事も待っています。
今まで一緒に過ごしてきた人達と一緒に、これからをもっと素敵にする計画を立てるチャンス。それが、還暦と言う人生の節目に再び訪れたのです。
次の節目を迎えた時に「楽しい20年だった」と思えるような、楽しい高齢者ライフを送ってくださいね。
出典:http://www.nli-research.co.jp/
と思ったら、友だちに共有しよう。
介護のほんねニュースをフォローする 

関連リンク

Facebookコメント

寄稿者

編集者画像

ポッポ

介護のほんねニュースのライター。話題の介護関連キーワードの中から気になるトピックについて解説します。