パーキンソン病とは

治療方法 , パーキンソン病
Line button
2015.02.03
パーキンソン病とは

パーキンソン病ってどんな病気?

パーキンソン病とは、ふるえや動作がゆっくりになってしまうことなどを主な症状とする病気です。若い人や後記高齢者でも発症することがありますが、50代後半から60代が発症のピーク。原因は、脳内のとある部分の神経細胞の数が減ってしまうことと言われています。
日本でのパーキンソン病患者の数は、人口10万当たり約100名程度で、決して珍しい病気ではありません。
出典:http://www.nanbyou.or.jp/

どんな治療法がある?

まずは薬をしっかり服用すること。薬は治すためのものというより、症状を穏やかにするためのものです。
かつては脳の手術がメジャーな治療方法でしたが、パーキンソン病の手術の場合、できる医療機関が限られていること、服薬に比べるとリスクがあることから、手術を受けるかどうかは医師とよく相談する必要があります。
出典:http://www.amahosp.amagasaki.hyogo.jp

幻視が見られたら認知症か、薬の影響を疑って

レビー小体型認知症の場合も、パーキンソン病のようなふるえなどの症状がみられることがあります。ふるえのほかに幻視などの症状が見られたら認知症かも。しかし、パーキンソン病の治療薬の副作用でも幻視が見られることがあるので、自己診断は禁物です。ちょっとでも異変に気づいたら必ず医師に相談してくださいね。
出典:http://www.myclinic.ne.jp/

生きる喜びを感じられる工夫を

パーキンソン病になった時、ふるえなどによって思ったことができなくなっていくことにショックを受けてしまう人も多いと言います。その結果、ふさぎ込みがちになったり、うつ病になってしまったりすることも。
治療のためには薬を取ることはもちろんですが、運動療法音楽療法も取り入れてパーキンソン病とともに歩む意識を持つことが大切。周囲の人も本人のショックを理解してコミュニケーションを取ることが大切な病気です。
出典:http://www.parkinson.jp/
と思ったら、友だちに共有しよう。
介護のほんねニュースをフォローする 

関連リンク

Facebookコメント

寄稿者

編集者画像

まーしー

介護のほんねニュースライター。とある町の公式キャラとの情報もあるが、定かではない。

閲覧数ランキング