介護報酬引き下げ影響?こなしケアの増加危険

介護報酬 , 引き下げ , 介護離職 , こなしケア
Line button
2015.03.01
こなしケア

2015年4月、介護報酬見直し⇒介護施設の収入減少

介護報酬は3年ごとに見直しが行われています。そして2015年4月の改定に向けて、9年ぶりに介護報酬の引き下げが行われることが発表されました。
介護報酬とは、介護保険に加入している人が介護サービスを利用した場合に、介護施設などに支払われる報酬のことです。介護報酬の1割は利用者が自己負担し、9割は国の介護保険から支払われます。 今回は、介護保険に充てている国の予算が増加しているため、予算を削減することが介護報酬見直しの目的です。
介護報酬が減るということは、介護施設の収入が減るということ。これは施設を運営する側にとっては大きな打撃になりますよね。
出典:http://www.chiryouka-shigoto.com/

介護施設の収入減少⇒人件費に影響しさらなる人手不足に

では、介護報酬の引き下げによって、現場には具体的にどんな影響が出てくるのでしょうか?
介護を行うにはもちろん介護職員を雇う必要があります。しかし、雇うための資金となる介護報酬が削減されてしまいます。つまり、介護報酬が引き下げられるということは、人件費の削減などを行う可能性が出てくると言われているのです。
現在でも介護職員の不足が問題となっていますが、それがさらに加速することになります。
出典:http://www.nhk.or.jp/

人手不足⇒流れ作業のような「こなしケア」が増加・・・!

ここまでは今までもよく言われていたことですが、ここからさらに問題なってくるのが「こなしケア」の増加。
職員が少ないと一人で行う業務が増えてしまい、流れ作業のようなこなしケアになってしまいがち。しかし、介護職員の不足に対して介護施設の入居者は増えていく一方です。どれだけ介護職員の方にやる気があっても、一人で行える業務の内容・時間には限度があります。こなしケアが増えれば利用者は安心して介護サービスを受けることができなくなってしまいます。また、満足にケアができない介護職員の、仕事のやりがいまで奪ってしまうかもしれません。
こうした悪循環につなげないためにはどうしたらいいのか。国や介護現場だけでなく、あらゆる人が関心を持っていかなければいけないでしょう。
出典:http://president.jp/
と思ったら、友だちに共有しよう。
介護のほんねニュースをフォローする 

関連リンク

Facebookコメント

寄稿者

編集者画像

coba

介護のほんねニュースのライター。話題の介護関連キーワードの中から気になるトピックについて解説します。