働き盛りでもかかる!若年性アルツハイマーって?

認知症 , アルツハイマー , 若年性アルツハイマー
Line button
2015.03.16
若年性アルツハイマー

認知症は高齢者だけの病気じゃない!

若年性アルツハイマーとは、64歳以下で発症するアルツハイマー型の認知症のことです。
一般的に認知症といえば高齢者の病気というイメージですが、若くして認知症になる若年性アルツハイマーの患者も現在10万人ほどいるのではと言われています
「若年性アルツハイマー」と65歳以上で発症する「アルツハイマー型認知症」には、どんな違いが見られるのでしょうか。
出典:http://topic.takedahp.jp/

若年性アルツハイマーの特徴って?

65歳以上で起こるアルツハイマー型認知症と違い、若年性アルツハイマーは「若年期」に発症します。若年期とはいっても20代や30代で発症することはごくまれで、実際には40代以上の患者さんがほとんどです。 それでは、アルツハイマー型認知症と比べて特徴的だとされる点を見てみましょう。

  • 1.初期段階で見抜きにくい
  • 初期症状を「うつ病」と誤診されがち。まだ若い本人も認知症を疑うこともない。

  • 2.進行が速い
  • 老年性のものに比べて発症から症状が重くなるまで進行が速い。

  • 3.徘徊、暴力が目立つ
  • 高齢認知症患者と違って、認知機能の低下やいらだちを行動で表しやすい。

    また、アルツハイマー型認知症は加齢とともにそのリスクが上がっていきますが、若年性アルツハイマーはもともと持っている遺伝子に影響されるところが大きいようです。親族にアルツハイマー型認知症の人がいる場合は、少しリスクが高いといえそうですね。
    出典:http://kaigo.moo.jp/

    大切なのは若年性アルツハイマーの初期症状を見逃さないこと!

    若年性アルツハイマーは早期発見で進行を遅らせ、症状を軽くすることもできます。ですが「まだそんな年じゃないから」という本人や家族が思い込んでしまうと、初期症状を見逃してしまうかも知れません。遺伝的な原因で特にリスクが高いと思われる人は、早めに認知症予防対策頭や体の運動)を始め、認知症に対する知識も身につけておきましょう。
    若年性アルツハイマーの症状や進行は人によって違います。全ての人がうつ症状で始まるわけでもありませんし、暴力的になるわけではありません。ですが、働き盛りの40代や50代が若年性アルツハイマーになれば本人の焦りやいらだちは想像を絶するものがあります。そんないらだちが時には行動になって現れてしまうこともあるでしょう。そんな時、周りにいる友人や家族の理解と協力もまた、有効な治療法であるということを覚えておいてください。
    と思ったら、友だちに共有しよう。
    介護のほんねニュースをフォローする 

    関連リンク

    Facebookコメント

    寄稿者

    編集者画像

    ポッポ

    介護のほんねニュースのライター。話題の介護関連キーワードの中から気になるトピックについて解説します。