「還暦」「古希」「喜寿」「傘寿」の祝い方【長寿祝いシリーズ1】

還暦 , 古希 , 喜寿 , 傘寿
Line button
2015.03.11
長寿のお祝い

60過ぎたらお祝い(賀寿)ラッシュ!

一般に冠婚葬祭とまとめられるイベントの中でも「」は特におめでたい一生のお祝いごと(成人式や出産など)。そして「賀寿」といわれる長寿祝いもその1つです。
ここでは、還暦・古希・喜寿・傘寿、と60歳から80歳までの賀寿の由来とお祝いの方法を見ていきましょう。

還暦(満60歳) ~まだまだ現役!~

子・牛・寅などの動物(十二支)と甲・乙など(十干)を組み合わせたものが干支。年女年男は12年に1度まわってきますが、生まれ年の干支に戻るのは満60歳の時。暦が還ってくるまで長生きできたことを祝うのが還暦です。
還暦祝いにはいちゃんちゃんこや赤い帽子を贈るのが一般的。これは赤ちゃんに戻るという意味の「赤」と、魔よけの「赤」からきているんだとか。まだ年寄り扱いされるのを好まない方もいますが、定番のちゃんちゃんこは縁起物として喜んでくれる人が多いようです。

古希(数え70歳) ~まだまだこれから!~

唐の詩人・杜甫の「70歳まで生きるのは稀である」という詩に由来した長寿祝いです。この詩が詠まれたのは1300年も昔のことですから、たしかに70歳まで長生きする人はかなり少なかったのでしょうね。
古希を迎えた方へのお祝いは、敬意をこめて高貴な紫色のアイテムを贈るのが通例です。ちゃんちゃんこや座布団も定番ですが、相手の好みがわかれば名入れの日用品なども喜ばれますよ。

喜寿(数え77歳) ~そろそろ引退?~

「喜」をくずして書くと「七十七」と読めることに由来した長寿祝い。この頃には「また年をとってしまった」と思うより素直に長生きの喜びをかみしめる方が増えてくるようです。
贈り物の定番は紺色のアイテム、「喜」の字を入れた湯呑なども人気です。また、女性には記念品に添えて紫色の花束を贈ると喜ばれるようですよ。

傘寿(数え80歳) ~そろそろ孫の結婚式?~

傘の中に「八十」が隠れていることに由来するお祝い。喜寿といい傘寿といい、長寿祝いはなんだか洒落の効いたものが多いですよね。地方によっては、傘寿を迎えた方が周りの人に太白餅を配る習慣も残っています。
傘寿祝いには黄色のものを贈るのが一般的ですが、が好まれる地域もあるんだとか。贈り物をする前に、その方の好みだけでなく出身地などについてもリサーチしておいた方が良さそうですね。

と思ったら、友だちに共有しよう。
介護のほんねニュースをフォローする 

関連リンク

Facebookコメント

寄稿者

編集者画像

ポッポ

介護のほんねニュースのライター。話題の介護関連キーワードの中から気になるトピックについて解説します。