「米寿」「卒寿」「白寿」「百寿」の祝い方【長寿祝いシリーズ2】

米寿 , 卒寿 , 白寿 , 百寿
Line button
2015.03.11
長寿祝い

80超えてもまだまだお祝いラッシュ!

還暦や古希ではまだまだ若々しい方も多いですが、この頃になるとさすがに「おじいちゃん」「おばあちゃん」の貫録が出てきますね。ここでは、そんな80代後半以降の長寿祝い、米寿・卒寿・白寿・百寿について見ていきましょう。

米寿(数え88歳) ~まだまだ散歩は欠かしません~

お米を作るには88回の手間がかかる」といわれますが、米の字には「八十八」の数字が隠されていますね。これが88歳を米寿としてお祝いするようになった由来。東北地方では還暦よりもこちらを盛大に祝うようですが、米作りが盛んな地域が多いのがその理由かもしれません。
一般的にはお米の色にちなんだ黄色や金色の物を贈ると縁起が良いとされています。定番のちゃんちゃんこや日用品のほかにも、賀寿の名前にちなんでお米を贈る風習もあるそうですよ。

卒寿(数え90歳) ~そろそろひ孫の顔と一緒に?~

卒の略字「卆」が九十と読めることにちなんだ90歳を祝うお祝いです。
米寿のすぐ2年後というのもあり、特別に盛大なお祝いをする地方は少ないようです。けれど平均寿命が延びた現代でもここまで長生きされるのはやはりおめでたいこと。相手の好みに合わせた黄色や金色のアイテムを贈り、さらなるご長寿をお祈りしましょう。

白寿(数え99歳) ~いよいよ大台は目前!~

百という字から一を引くと白。なんだかなぞなぞみたいですが、百歳まであと1歳というところまできた99歳のお祝いが白寿です。
白寿という名前にちなんで白色のものを贈るのが一般的ですが、地方によっては主役が白装束を着てお祝いをする習慣も残っているそうです。定番の座布団や帽子は実用品には向かない色ですのでそちらはあくまで記念品として、一緒に湯呑などの日用品をセットで贈ると喜ばれそうですね。

百寿(数え100歳) ~ついに大台!~

文句なしにおめでたい百歳のお祝い!今の日本にはめでたく百寿を迎えた方が6万人近くいらっしゃるそうですよ。 ももじゅという読み方もできることから桃色のアイテム、白寿と同じく白色の物を贈ることもあるようです。他の賀寿ほど「定番はこの色!」とはっきり決まっていないようですので、相手の好みに合わせた色や記念品をお贈りしましょう。

ちなみにこれ以降も茶寿(108歳)、皇寿(111歳)、大還暦(120歳)と節目のお祝いは用意されています。さすがにそこまで長生きされる方は稀ですが、もしご縁があれば一緒にお祝いしてご長寿にあやからせていただきましょう。
と思ったら、友だちに共有しよう。
介護のほんねニュースをフォローする 

関連リンク

Facebookコメント

寄稿者

編集者画像

ポッポ

介護のほんねニュースのライター。話題の介護関連キーワードの中から気になるトピックについて解説します。