日本と海外で意味が違う?「安楽死」と「尊厳死」を考える

海外 , 安楽死 , 延命治療 , 尊厳死
Line button
2015.03.15
尊厳死

余命半年で「尊厳死」を選択した米29歳女性

昨年4月、29歳のアメリカ人女性ブリタニー・メイナードさんは、末期の脳腫瘍による余命半年の宣告を受けたことをきっかけに、激しい頭痛から逃れるために「尊厳死」をフェイスブック上で宣言しました。その後、尊厳死法が成立しているオレゴン州に夫と移住し、宣言通り11月1日に医師から処方された薬を飲んで亡くなりました。
この件は日本でも話題になったため、記憶にある方も多いと思います。彼女は決して気軽に宣言したわけではなく、死にたくて尊厳死を選んだわけではありませんでした。そのような苦渋の決断に至るまでのインタビューやコラムも、アメリカのメディアでは大きく取り上げられたこともあり、全米で彼女の尊厳死について大論争が沸き起こりました。ある世論調査では、約70%の人が痛みのない形での安楽死を認めているという一方、宗教的に自殺を認めないカトリックの反対意見もあり、議論が広がりました。
出典:http://www.j-cast.com/

米国と日本では「尊厳死」の意味が違う?

ただし、ここでまず注意が必要なのは、米国と日本では「尊厳死」が指す意味が異なるということです。

  • 米国における「尊厳死」は「医師による自殺幇助」を意味します
  • しかし、日本では「医師による自殺幇助」は「安楽死」と言われます
  • 日本における「尊厳死」は「不治かつ末期の際に、必要以上の延命措置を拒否し、人間の尊厳を保ちながら死を迎えること」を意味します
  • しかし、米国ではこれは「自然死」と言われます

  • 米国 日本
    医師による自殺幇助 尊厳死 安楽死
    不治かつ末期の際に、必要以上の延命措置を拒否し、人間の尊厳を保ちながら死を迎えること 自然死 尊厳死

    メイナードさんは意思から処方された薬を飲んで亡くなっており、医師からの投薬による自殺幇助となるため、米国では「尊厳死」、日本では「安楽死」に該当しますね。

    そして、法制度の観点で見ても、欧米と日本との間には大きな違いがあります。

    米国における「尊厳死」= 日本における「安楽死」は、
  • 米国ではオレゴン州、ワシントン州など5つの州でのみ法制化されている
  • そのためメイナードさんはオレゴン州に引っ越しました
  • オランダ、ベルギー、ルクセンブルクでは法制化されている
  • オランダでは2012年には年間死亡者数の約3%に当たる約4,188人が安楽死しているとの調査も
  • 英国、フランスでは違法
  • 日本でも違法です

  • 一方、米国における「自然死」= 日本における「尊厳死」は、
  • 米国のほとんどの州で「患者の人権」として、リビングウィル (生前の意思表示) に基づく自然死が法制化されている
  • 英国、ドイツやフランスでも、リビングウィルは法制化されている
  • 日本では法制化されていない

  • となっており、日本では生前の意思表示に基づく「尊厳死」についての明確な法律がありません。

    米国 英国
    フランス
    日本
    医師による自殺幇助
    一部の州で法制化
    ×
    違法
    ×
    違法
    不治かつ末期の際に、必要以上の延命措置を拒否し、人間の尊厳を保ちながら死を迎えること
    法制化されている

    法制化されている

    法制化されていない

    そのため、日本では生前の意思・リビングウィルを残す方も少なく、また、残していたとしても法的根拠がないため、意思疎通できない状態になってしまった方は、医師とご家族の判断で延命措置が行われるケースも珍しくないようです。
    出典:http://www.fsight.jp/

    あなたは法制度化についてどう思いますか?

    日本における尊厳死の法制度化は、日本尊厳死協会などを中心にかなり昔から議論されており、昨年の通常国会でも「終末期の医療における患者の意思尊重に関する法律案」(いわゆる尊厳死法案) の審議入りを進めていましたが、持ち越しとなったようです。その要因の1つとして、「尊厳死法」がないと本当に困るという人がそれほど多くなく関心が低い、というのがあるとも言われています()。実際、日本尊厳死協会のwebサイトで公開されている会員数も、2008年頃からは伸びが鈍化し、ここ数年は12万人で横ばいとなっているようです。

    また、反対意見を強く表明する団体も多く存在します。筋萎縮性側索硬化症(ALS)の患者らでつくる「日本ALS協会」もその1つです。尊厳死の定義として「不治かつ末期」というのがありますが、ALS はまさに根本的な治療法が見つかっていない難病です。行き過ぎた延命治療を断る権利としての「尊厳死」ですが、それが法制度化され過度に広まってしまうと、「生きたい」と思っているのに治療法がない難病の方にとっては延命措置を受けづらい世間の風潮が生み出されるのではないか、結果的に「尊厳死」を選ばされてしまうのではないか、という危機感を持つのは理解できます。

    みなさんはどう思われますか?
    と思ったら、友だちに共有しよう。
    介護のほんねニュースをフォローする 

    関連リンク

    Facebookコメント

    寄稿者

    編集者画像

    まーしー

    介護のほんねニュースライター。とある町の公式キャラとの情報もあるが、定かではない。