シルバー人材センター活用術!

老後 , 高齢者と仕事 , シルバー人材センター
Line button
2015.03.21
シルバー人材センター

シルバー人材センターって?

シルバー人材センターを利用されたことはありますか?
ここは60歳以上の方が登録している人材派遣会社のようなところです。一般的な派遣会社と違うのは、高齢者に仕事を通じて生きがいを見出してもらうことで地域活性化を目指す公益組織だということです。
出典:http://www.zsjc.or.jp/

どんな仕事をしてくれるの?

シルバー人材センターで引き受けている主な仕事は、臨時や短期の簡単な業務です。
「専門家に頼むまでもないけれども手伝ってもらいたい!」そんな時に利用してはいかがでしょうか?

例えば、
  • 技術分野(家庭教師・パソコン指導など)
  • 技能分野(庭木の剪定・障子ふすまの張替え・大工仕事など)
  • 事務分野(パソコン入力・一般事務・あて名書きなど)
  • 管理分野(建物管理・施設管理・駐車場管理など)
  • 折衝外交分野(販売員・集金・電気ガスの検針など)
  • 一般作業分野(除草や草刈・清掃・調理作業・パンフレット配布など)
  • サービス分野(家事サービス・福祉サービス・育児サービスなど)

  • 料金は収益を目的としていないため、一般企業と比べるととても利用しやすい価格設定になっています。ただし、登録している会員ができる業務はさまざまなので、センターごとに対応できる仕事に違いはあります。

    どうやって仕事をお願いすればいいの?

    電話での申し込みや、インターネットによる受付も可能です。正式に依頼する前に相談や見積もりができるので安心です。

    シルバー人材センターの活用で地域活性化も

    山形市シルバー人材センターでは、9時から18時の間で生後6か月~就学前の乳幼児の一時預かりをお願いできます。料金は平日で1540円(3歳まで)、1020円(4~6歳)、とリーズナブル。
    生きがいや活動の場を求める高齢者と、息抜きの場を求める子育て世代のニーズが合致した子育て支援事業といえますね。また、センターに登録している高齢者と利用者はもともと同じ地域の住民同士。その時だけの関係だけで終わらず、それをきっかけに交流が生まれることもあるそうです。
    今後はシルバー人材センターの活用が一般住民に浸透し、地域活性化につながっていくことを期待したいですね。
    と思ったら、友だちに共有しよう。
    介護のほんねニュースをフォローする 

    関連リンク

    Facebookコメント

    寄稿者

    編集者画像

    チヴェッタ

    介護のほんねニュースのライター。話題の介護関連キーワードの中から気になるトピックについて解説します。