介護中の両親が老人ホームへの入居に消極的・・・こんな時は?【プロが答える介護のあれこれ】

施設の選び方 , 親の介護
Line button
2015.04.01
両親の介護

ご相談者のお悩み

地元にもう80代になる両親が2人きりで住んでいます。母は認知症の気配があって、父が面倒を見ています。
たまに父から「そろそろ老人ホームとかに引っ越したほうがいいのかな・・・」というような相談を受けるのですが、いざいろいろ調べて「こういうのどう?」と聞いてみても「うーん」というばかりであまり反応がありません。何度もそんなやりとりを繰り返していて、結局本心ではどうしたいんだろう?というのがよくわかりません。とりあえず今はなんとか生活できているから、なにかきっかけがないと、というのがあるのかもしれませんが、この間実家に帰ったときは食生活も荒れていて、さすがにどうにかしたほうがいいんじゃないかと思っています。
腰が重い両親を説得するには、どんな風に伝えるのがよいのでしょうか。また、このような状態でもどこか相談できる場所とかはあるのでしょうか。家庭内の問題といえばそれまでですが、たくさんのご家庭を見ているであろう方に伺いたく。宜しくお願い致します。(東京都/50代/男性)

無理に入居を勧めるのではなく、ご両親としっかりお話を

こんにちは。
ご相談の内容拝見しました。実はご相談者様のようなご相談はとても多いんですよ。

老人ホームなどの施設に入居を難色を示される理由はいくつかあると思います。
例えば
  • 自分たち夫婦の事は夫婦でこらからも何とかしていくので、子供達に迷惑を掛けたくない
  • 今住んでいる所が一番、なので他に移り住むなどと考えたくない
  • (まだ介護認定を受けていない方であれば)まだまだ元気なのに、そんな施設に入りたくない
  • 近所の目もあるので、老人ホームなんかに入ると白い目で見られる
  • 老人ホームは費用が高いので、そんなお金は無い

  • など、さまざまな理由があると思います。

    ここで大切なのは、無理に老人ホームなどにいれようとするのではなく、まずご両親さまとしっかりお話をされることです。

    子供からすると、両親の身体のことや生活のことが心配、だからホームに入ってほしい。でも親からすると、先ほど挙げたような理由などで、ホーム入居を前向きに考えられない。老人ホームに入るにも、ご本人の拒否が強ければ、それはとても難しいことです。
    まず大切なのは、しっかりと話し合ってください。例えば、子供として親の心配をしていて、とても不安であるということ、ホームに入居しても疎遠になったりしないこと、最近ではお元気な(自立の)人でも入居されているホームもあること。費用面で心配されているのであれば、例えばその部分は心配しなくても良いのか、予算に合ったホームを探すのか、ということ。そして、特に気になるのは、お母様の認知症が進んできたときに、どうやって介護を行うのかを明確に検討するということ。
    このようなことを、焦らずじっくりとご両親(お父様)とお話をされることが大切です。

    またお母様の症状が急に進んだ時に、すぐに入れるホームを探すのにも時間がかかると思います。

    老人ホームを探す際には、さまざまな情報がインターネットを検索すると出てきます。
    このサイトを運営している、『介護のほんね入居相談室(フリーダイヤル0120-002718)』にご相談されて、いくつかの老人ホームのパンフレットなどの資料をご請求されて、まずパンフレットをお父様とご覧になり、気分転換のドライブがてらにでも休日にいくつかの老人ホームをご見学されることをお勧めします。
    老人ホーム紹介センターにご相談頂く際に、どのようなご生活を望まれて、予算やご希望もお伝え頂くと出来るだけご希望に沿った施設のご紹介をしております。

    おそらく見学をされると、今までお持ちの老人ホームのイメージはかなり変わると思います。そうやって少しずつ、老人ホーム入居に難色を示されている気持ちを溶かすことが必要です。
    老人ホームに対する意識が少し変わってきたら、今度は気になったホームがあれば体験入居を勧めてみては如何でしょうか。

    解決方法は見つかるはずです、もし介護認定を受けて在宅サービスを利用されているようであれば、担当のケアマネジャーさんにご相談するのもいいと思います。
    と思ったら、友だちに共有しよう。
    介護のほんねニュースをフォローする 

    関連リンク

    Facebookコメント

    寄稿者

    編集者画像

    田中宏信

    (株)エイジプラス 東京支社長兼関東有料老人ホーム紹介センター主任相談員。介護施設の紹介業をしつつ、プライベートでは全国の被災地へ出かけてボランティアをしてます。