もしも親の介護が必要になったら ~お金・時間・仕事と両立できるプラン作りのために~

ケアマネ , doppo , ケアプラン , 施設紹介
Line button
2014.11.19
もしも親の介護が必要になったら

親の介護スタイルはふたつ

親の介護をするスタイルは大きく、以下の二つに分けられます。

(A)介護施設に入所してもらい、定期的に会いに行く。
老人介護施設に入ってもらい、基本的な介護をおまかせする形。金銭的な負担は大きくなります。

(B)基本は自分達で介護を行い、足りない部分に関して在宅サービスを活用する。
基本的に自宅で生活をし、デイケアサービスなどを利用しながら介護を進める形。体力・時間・精神的な負担は大きくなります。
どちらの形が良いかは、ご家庭の実情によって変わってきます。

あなたの実情に合った介護スタイルは?

いつまで続くかわからない親の介護をどのように行っていくか。それは家庭の事情を考慮しつつ、地域のケアマネージャーと相談しながら決めていくことになります。ケアマネージャーはたくさんの介護事例を知っていますので、そのノウハウや情報は大いに活用すべきです。
親に多額の財産があれば介護の選択肢は増えます。しかし、そうではない場合、実現可能なサービスを選ばなければなりません。どのような介護の形を選ぶかについては、家族の負担(お金は?両立は?)と、親の希望を上手くマッチングさせて、ケアプランニングを行うことが大切です。

現在は施設の種類やサービスメニューも多様化してきています。なかなか切り出しにくい話題ではありますが、ご両親がまだまだお元気で、判断力があるうちに将来の介護の方向性を決めておくことをお勧めします。

  • デキるオンナの介護のお話 ~「介護施設」って、どんな種類があるの?
  • 「ひとりを楽しむ」アラフォー・40代独身女性のポータルサイト【doppo】
  • この記事は、doppo の内容をアレンジしてお送りしています
    と思ったら、友だちに共有しよう。
    介護のほんねニュースをフォローする 

    関連リンク

    Facebookコメント

    寄稿者

    編集者画像

    吉田 要

    獨協大学経済学部経営学科卒業 ファイナンシャルプランナー(AFP)
    平成25年6月より介護マネーに特化したファイナンシャルプランナー事務所 レイズコンサルティング株式会社を開設。また東京都江東区内にてデイサービスホーム(通所介護施設)も運営し、実際の介護の現場にて多くの高齢者の方々の 介護援助も行っている。