介護 vs 看護 うまく連携できる?できない?

介護福祉士 , ホームヘルパー , 看護師 , 准看護師
Line button
2015.04.06
介護と看護

さまざまな専門職が働く介護現場

多くの人が高齢者になるとお世話になる介護。その現場では、さまざまな専門職の人たちが力と知恵を出し合って働いています。特に代表的な専門職が、介護福祉士やホームヘルパーといった介護系の職種と、看護師・准看護師といった医療・看護系の職種。介護は生活のサポートだけでなく、医療ケアも含めてトータルでその人の暮らしを支えることになりますから、こうした専門職が相互に連携し合って働くことがとても大切です。
ですが、いろいろな方のお話を聞いたり、介護のほんねに寄せられた口コミを見ていたりしていると、どうもこうした介護系の職種と看護系の職種がうまく連携できないケースが珍しくないようなのです。

介護と看護の間にあるミゾとは?

介護 vs 看護の確執(?)の原因はいろいろあるようです。例えば、

  • お給料などの待遇面での差が不満につながっている
  • 目指したいケアのビジョンが一致しない
  • 資格制度上の制限で医療ケアが介護系の職種ではできない(※)
  • 介護はもっと介護をわかってもらいたく、看護はもっと看護をわかってもらいたい
  • ※一部認められているものもあります

    などなど。
    もちろん、他人同士ですから、どんな職種であっても職場で人間関係やコミュニケーションがうまくいかなくなることはよくあること。
    しかし、介護の現場では、人の命を扱っています。そんな大事なところでスタッフ同士が揉めていたとしたら・・・?一緒に働いている人たちみんなの士気が下がってしまいそうですし、なにより、利用者やその家族が不利益をこうむったり、不信感を抱いたりしてしまいます。

    ご意見募集中!

    みなさんの職場や利用している事業所では、介護と看護の連携はうまくいっていますか?うまくいっていませんか?その理由は?介護と看護だけでなく、ほかの専門職との連携は?どうしたらうまく連携できるでしょうか?
    「こんな出来事が実際あったよ!」や「こんな工夫をしてうまくいっています!」といった声を募集します。コメント欄やFacebookページTwitterなどへぜひお寄せください!
    と思ったら、友だちに共有しよう。
    介護のほんねニュースをフォローする 

    関連リンク

    Facebookコメント

    寄稿者

    編集者画像

    まーしー

    介護のほんねニュースライター。とある町の公式キャラとの情報もあるが、定かではない。