「認知症ケアパス」を手にとって家族と介護の話をしよう

認知症 , 親の介護 , 新オレンジプラン , 認知症ケアパス
Line button
2015.04.24
認知症ケアパス

2025年。約700万人が認知症に

団塊の世代が後期高齢者となる2025年、認知症の人の数は約700万人にまで増加するといわれています。
そんな中、認知症の人とともに暮らす社会の実現を目指して始まる新オレンジプラン。その基本政策のひとつ、「認知症の容態に応じた適時・適切な医療・介護等の提供」をもとに作られるのが「認知症ケアパス」です。その作成に本腰を入れる自治体が増えてきていますが、そもそも「認知症ケアパス」ってどういうものなんでしょう?

認知症ケアパスって?

認知症ケアパス(以下ケアパス)は、認知症の人やその家族が「いつどこで何をするべきか」をわかりやすくまとめたもの。症状の進行にあわせた具体的なケア方法や、利用できる医療・介護サービスなどをあらかじめ知ることができます。
たとえば、家族や地域の方が認知症かもしれないと気づいたとき。ケアパスを見ればどこに相談すればいいのかすぐにわかります。
また、症状が進行しているかなと感じたとき。今利用しているケアやサービスが適切なものか見比べることができ、新たにどんなケアやサービスが必要かもわかるんですね。
出典:http://www.mhlw.go.jp/

ケアパスは自治体の努力の証

ただ、現在すべての自治体でケアパスの作成がスムーズにいっているわけではないようです。ケアパスを作成するには、まず、それぞれの自治体でどのようなサービスがあるのか自治体自身が把握する必要があります。また、今まで独自に行っていた制度の確認、地域の方がどんなサービスを必要としているのかという調査も欠かせません。
現状の把握と調査をしっかり行うことで初めて、さまざまな気づきやヒントを得ることができるのです。ですから、そうやって作成されたケアパスは各自治体の努力の証だといえそうですね。
出典:http://www.mhlw.go.jp/

家族で認知症について話し合いに活用を

このように地域の特色を反映させている認知症ケアパス。これがあれば、自分や家族が認知症になる前から具体的なイメージをつかむことができます。
自分がどんなケアをしてもらいたいか考えたり、家族の希望を聞いてみたり、すでに認知症になっている家族に対しても、意志疎通ができるうちに話をしてみたり・・・。自分たちにはまだまだ先の話とは思わずに、自治体がケアパスを作成したら一度手にとってみましょう。そして、家族でゆっくりと話し合う時間をもってみませんか?

※認知症ケアパスの入手方法は各自治体によって異なります。お住まいの自治体にお問い合わせください
と思ったら、友だちに共有しよう。
介護のほんねニュースをフォローする 

関連リンク

Facebookコメント

寄稿者

編集者画像

チヴェッタ

介護のほんねニュースのライター。話題の介護関連キーワードの中から気になるトピックについて解説します。