大丈夫?その肩こり・腰痛、実は病気のサインかも!

肩こり , 腰痛
Line button
2015.04.20
肩こり・腰痛

職業病?介護職に多い肩こり・腰痛

肩こりや腰痛の悩みを抱えている人、多いですよね。
厚生労働省によると、体の不調を理由に休職した方のうち実に6割が腰痛を原因にあげているそうです()。たしかに、痛む腰をおさえながらの仕事、どんな職種でもつらいものでしょう。中でも、腰痛に悩まされることが多いのは介護職の方。その実態の調査や予防に関する研究も行われており、とてもポピュラーな悩みの一つです。
しかし、そんな誰もが経験する腰痛や、肩こりが、実は大病のサインかもしれないのです。

こんな肩こり・腰痛は病院へ!

病気を悪化させないためには、そのサインに気付いて早めに病院で診察してもらうことが大切です。もしかしたらその痛み、関節・神経・内臓などの病気のサインかもしれませんよ。
病院に行くかどうかを判断するポイントは以下の4つ。

  • いつも同じ部分が痛む
  • 腕が上がらない、首が回らない、腰を曲げられない
  • ある一定の動作や姿勢で痛みが出る
  • 腕や脚にしびれや麻痺がある

  • こんな症状が続く場合は、まずは整形外科を受診してみましょう。

    肩こりに隠れている病気とは?

    肩こりや首のこりは、その周りの組織の炎症や狭心症胆石症から起こる場合もあるそうです。ほかに頸椎椎間板ヘルニア気胸胸郭出口症候群などの可能性も。
    実は私も肩こりを放置するうち胸に苦しさを感じ、病院で診てもらったら狭心症と診断された経験があります。

    腰痛に隠れている病気は?

    腰痛といえば、腰椎椎間板ヘルニアぎっくり腰。安静にしていれば治ることも多いですが、痛みがひどい場合には医師の指導のもと治療が必要になります。
    ほかにも腰部脊柱管狭窄症、子宮や卵巣の病気、大動脈瘤急性大動脈解離膵炎尿路結石腰椎すべり症などの病気が隠れている可能性もあるようです。

    放置していませんか? たかが肩こり・腰痛、されど肩こり・腰痛

    病院に行くほどひどい症状ならともかく、ちょっとした肩こりや腰痛ってついつい放置しがちになっていませんか?
    肩こりの場合、肩の血行が悪くなれば頭部へも血液が十分にいかなくなりますので、認知症とも無関係ではないといわれています(「東洋経済」より)。
    「肩こりぐらい問題ない」「腰痛は職業病だから仕方ない」と考えずに、こういった症状はできるだけ解消したいものですね。日々のストレッチやマッサージなどではどうしても解消されなければ、早めに病院を受診しましょう。
    と思ったら、友だちに共有しよう。
    介護のほんねニュースをフォローする 

    関連リンク

    Facebookコメント

    寄稿者

    編集者画像

    ノック

    介護のほんねニュースのライター。話題の介護関連キーワードの中から気になるトピックについて解説します。

    閲覧数ランキング