高齢者とペットの暮らし、その光と影

老犬介護 , ペット , アニマルセラピー
Line button
2015.04.23
高齢者とペットの暮らし

ペットが高齢者を元気に?医療費も節約

心も体も元気にしてくれるペットとの暮らしは、もちろん高齢者にとっても健康効果がいっぱい。ペットとのふれあいでストレスが解消され、それが高血圧予防につながることもあります。実際に高齢者施設では医療費の削減につながったという調査結果も出ているんですよ(介護のほんねニュース過去記事「ペットを飼うと医者いらずに!?ペットの健康効果とは」より)。
また、ペットが来てから誰かと会話をする機会が増えた方もいるかもしれません。コミュニケーションのきっかけにもなるペットには、認知症を予防する効果も期待されているのです。

ペットへの愛着が高齢者を孤立させる?

その一方で、ペットを大切にするあまり社会から孤立してしまう高齢者の存在も問題視されはじめました。自分の健康より飼い猫の世話を優先してしまう方もいます。その結果、誰にも病気を気づかれず、孤独死してから発見されるケースもあります。
高齢者の方に限らず、いつも自分の思い通りになるわけではないのが人と人との関係。だからこそ、「動物なら自分のことをわかってくれる」と考えてしまうのかもしれませんね。その結果、ペットとの絆だけがどんどん深まっていく、ということなのでしょう。
もちろん中にはペットを通じて社会との関わりをとり戻した人や、人間のネットワークの大切さに改めて気付かされたという人もいます。
ペットの高齢化も進む今、高齢者とペットの関わり方は良くも悪くも多様化しているようです。

一人暮らしの高齢者がペットを飼うと?

近頃は一人暮らしの高齢者がペットを飼うケースも増えていますが、こちらも少し問題が起きています。
もし飼い主が病気になったり亡くなったりしてしまえば、ペットは取り残されてしまいますよね。また、ペットの世話は思いのほか手間も体力もかかります。まだ元気な高齢者の方でも、最後まで面倒をみきれず手放してしまうケースもあるそうなんです。
ペットを飼う高齢者の増加とともに、もしもの事態に備えるサポート体制も必要になってきていますね。

高齢者もペットも幸せに暮らすために

ペット不可のところがほとんどの老人ホーム。ですが、最近では施設としてペットを飼っている老人ホームや、今まで飼っていたペットとともに入居できる老人ホームも増えてきています。
もしもの時は、こういった施設に移り住むことも選択肢の一つとして考えておきたいですね。

と思ったら、友だちに共有しよう。
介護のほんねニュースをフォローする 

関連リンク

Facebookコメント

寄稿者

編集者画像

ノック

介護のほんねニュースのライター。話題の介護関連キーワードの中から気になるトピックについて解説します。