【2015年介護保険改正】「要支援はなくなるの?」新制度の疑問あれこれ、お答えします!

介護保険 , コラム , 要支援
Line button
2014.11.13
介護保険改正

制度改正で要支援サービスがなくなる?

2015年4月、前回から3年ぶりとなる制度改正。今回も大きな変更点がいくつかあるようです。中でも特に多くの方に関係するのが要支援者への一部予防サービス打ち切り。利用者やサービス提供者からは、すでに不安や疑問の声が聞こえてきていますね。
よくある疑問点を見てみましょう。
出典:http://www.fukunavi.or.jp

「要支援1.2」は「要介護1」に変わるの?

→NO
要支援者への一部サービスが打ち切られる事から、「要支援」そのものがなくなると思っている方もいるようです。
ですが、今回の改定では要支援・要介護と言った区分変更はありません。ですから介護度はそのままです。
出典:http://en-count.com

10割負担になるの?

→おそらくNO
要支援認定を受けている方が一切サービスを利用できなくなるわけではありません。
「訪問介護」「通所介護」が介護保険の適用外となるということです。適用外=自己負担と言うことですよね。ただしその金額は市町村ごとに変わってきますし、ある程度の補助も見込めます。
ですから今までの10倍の料金を払うような極端なことにはならないでしょう。

地域の受け皿は?

→各自治体
今後、「訪問介護」「通所介護」の中心になるのは市区町村と言った地域です。
現在、介護サービス料金の内訳は「保険料45%、国22.5%、都道府県11.25%、市町村11.25%(collabo’s316より)」となっています。
今まで保険料で賄っていた部分を負担するのは、一体誰になるのでしょうか。
高齢者と地域ボランティアとの橋渡し役と共に、「財源の確保」も市区町村の今後の課題です。これから少しずつ各地域の計画が公表されてくるでしょう。もちろん、自治体と地域の人材がうまくマッチすれば、以前よりサービスが充実することも考えられます。

『要支援者切り捨て』と言われないために

介護保険制度改正 写真出典:http://www.city.yokohama.lg.jp

「予防サービス」は、そもそも要支援者を要介護者にしないために始まった制度。
これ以上要介護者が増えて国の負担を圧迫しないように、その予防措置でもあったのです。ですが、いざその利用者が増えれば保険適用は打ち切りに。
通所介護や訪問介護を利用している要支援者は60万人を超えます。もちろん、利用者だけでなくサービス提供者側にとっても他人事ではありませんね。今後のより地域に密着した新システム、その一端を担っていくことになるのですから。
出典:http://www.osaka-toprunner.jp
と思ったら、友だちに共有しよう。
介護のほんねニュースをフォローする 

関連リンク

Facebookコメント

寄稿者

編集者画像

ポッポ

介護のほんねニュースのライター。話題の介護関連キーワードの中から気になるトピックについて解説します。