なぜいまだに騙されるのか? 高齢者を狙う振り込め詐欺の手口

社会問題 , 振り込め詐欺 , 詐欺 , 犯罪
Line button
2015.04.30
高齢者を狙う詐欺

「自分の家族は大丈夫」と思っていないですか

オレオレ詐欺」や「振り込め詐欺」。パッと聞くだけだと「なんでそんなのに騙されるの?自分の家族の声なんてすぐにわかるじゃん」と思ったりしていませんか?実際、被害にあわれた方の多くも同じように「振り込め詐欺については知っていたが、まさか自分が被害にあうとは思っていなかった。」と話しています。
しかし、現在の振り込め詐欺の手口はとてつもなく高度化・組織化がされており、油断すると誰もが被害に合ってしまう可能性があります。平成26年の被害総額は約559億円まで拡大していますし、ここに含まれていない、誰にも相談せず、どこにも届け出をしていないような被害も含めると、実際はこの数字をはるかに上回るとされています。
現在の振り込め詐欺の主流は、被害者役、加害者役、警察官役、弁護士役等、複数の者が役割分担をして交代で電話口に出て、もっともらしいストーリーでお金を騙し取ろうというものが多いそうです。「オレだよオレ」などと電話をかけてきたりはすることはないんですね。事前にカモとなる家族構成を調べ上げて、非日常的なストーリーに引きずり込み、冷静な判断ができないままお金を出させるのです。
出典:http://www.npa.go.jp/
出典:http://www.gov-online.go.jp/

事例「息子さんが電車内で痴漢をしたので取り調べています」

下記はよく事例として挙げられる手口の1つです。息子役、痴漢された女性の父親役、駅員役の3名が登場します。

  • 息子役「電車内で痴漢をして捕まってしまった」と泣き崩れる
  • 痴漢された女性の父親役が電話を強引に奪い「なんてことしてくれたんだ!どうしてくれるんだ!!」と怒鳴る
  • さらにその電話を奪うかたちで駅員役が「○○さんが痴漢をして捕まっています。被害者の父親は訴えると言っている。なんとか裁判にならないように私が収めますから」と告げる
  • その後、女性の父親役と駅員役が交互に電話に出て、「お前のとこの息子は××という会社の課長らしいじゃないか」など父親役の恫喝と、「誠意を見せるなら早いほうがいい」という駅員の対応を聞かされる
  • 最終的に駅員役が「示談にしなければ裁判になる。逮捕されると罰金や懲役となり、勤務先の××株式会社にも知られてしまいます。ここは私が収めますから、示談したいなら15時までに示談金を振り込んでください」と告げる

  • ご覧のとおり、息子役が出てくるのは最初の一瞬で、しかも泣きじゃくっている演技をしているため、声が充分に聞き取れないようにしています。また、後述する「名簿」の存在によって、家庭環境や子どもの勤め先まで調べあげているため、「ここまで知っているなら本当かも...」と思わせてしまいます。
    上記の「痴漢」による振り込め詐欺の事例は、すでにいくつかの web サイトや書籍などでも紹介されているため、現在ではもっと新しい手口が進行していることでしょう。この例を知っているから安心できるわけではありません。

    詐欺にかかりやすそうな高齢者のリストを集める「名簿屋」の存在

    現在の振り込め詐欺では、騙されやすそうな家庭を調べて詐欺電話をかける先のリストを作る「名簿屋」が、実際に詐欺を行う集団とは別に存在します。いろんなところから流出した個人情報を元に、国勢調査や市役所の職員などを装って、いくらぐらいの資産を持っているか、高齢者の1人暮らしかどうか、子どもや孫の名前や職場の会社名・役職など詳細な情報を聞き出し、お金を出せそうで騙しやすそうな老人を選別して名簿にします。それに加えて、訪問販売、通信販売、高額リフォーム詐欺など、過去に悪徳商法や詐欺の被害に遭ったことがある人、という情報を加えて、より精度を上げる手口もあります。
    「名簿屋」はあくまで電話で情報を聞き出すだけなので、その場で犯行がバレてしまうことはほとんどありません。結果、できあがった質の高い名簿があれば、すでに騙されたことがある高齢者に、子どもの職場の名前や名を知った状態で電話をかけることが可能となり、ストーリーの信ぴょう性を高めることができるため、詐欺の成功確率は4割にも上ることもあるそうです。
    出典:http://www.nhk.or.jp/
    出典:http://www.excite.co.jp/

    詐欺だと気づいてもお金を払ってしまう?

    このように名簿が進化してくると、電話の途中で「これは詐欺だ」と気づいてもお金を支払ってしまうケースもあるといいます。それはなぜか。先ほど書いたとおり名簿が進化しているため、家族構成や住所、勤め先の情報もバレている状態です。これらの情報を織り交ぜながら詐欺の電話をかけてきているため、途中で詐欺だと気づいても「仮にお金を払わなかったらもっとひどい報復を受けるんじゃないか」と不安になる方が多いのです。あとでひどい目にあうぐらいなら、と結局お金で解決してしまうケースもあるといいます。
    最近では、それを織り込んだ上で、詐欺で騙せそうにないならゆすり・恫喝に切り替える場合もあるそうです。ただ、1度お金を騙されてしまうと、その履歴も名簿に反映されることになり、2度目3度目とターゲットとして狙われてしまう可能性もあり、何度も同じように電話をされお金を取られ続け、抜け出せなくなってしまうおそれもあります。

    被害にあわないために

    いかがでしょう。かなり高度化しており、防ぐことが難しいことがわかってきたのではないでしょうか。
    被害を減らすために、警視庁や政府広報オンラインなどの公的機関のホームページでは、詐欺がどんな手口で行われているか、の多様な事例が公開されています。中には音声が載っているものもあります。事前にこれらを見ておいて手口を知っておくのがよいでしょう。

  • あなたは見破れますか?振り込め詐欺のテクニック:警視庁
  • こんな電話は振り込め詐欺!:警視庁
  • 警察庁振り込め詐欺対策HP
  • 「振り込め詐欺」に注意!~最新手口を紹介~:千葉県警察


  • また、知らない電話番号からの電話は極力出ずに留守番電話サービスを利用する、いざ怪しい電話がかかってきても鵜呑みにせず「詐欺かもしれない」ということを思い出し、お金を振り込む前に、1度冷静になって必ず親族に確認することが大切です。
    と思ったら、友だちに共有しよう。
    介護のほんねニュースをフォローする 

    関連リンク

    Facebookコメント

    寄稿者

    編集者画像

    まーしー

    介護のほんねニュースライター。とある町の公式キャラとの情報もあるが、定かではない。