「憧れ」だけで終わらせたくない、老後海外移住!

Line button
2014.11.15
老後海外移住 出典:http://jis-cebu.blogspot.jp/

老後海外移住、先立つものはやっぱりお金!

少し前から日本人の間でもちょっとしたブームになっている老後海外移住。物価の安い海外なら、年金暮らしでもゆとりある生活ができるのではないか、と考える方もいるようです。
ですが、実際に海外移住するとなったらささやかな年金程度では不可能。移住先のリタイアメント(退職者)ビザを取得するためには、それなりの貯蓄や収入証明が必要です。

海外移住するならやっぱりアジア!

例えば日本人に人気のオーストラリアは「最低でも約4000万円の資産がなければリタイアメントビザが取れない(プレジデントオンラインより)」ようですし、ヨーロッパ諸国も軒並み敷居は高めです。
そこで日本人の多くが選ぶのはフィリピン、タイを始めとするアジア諸国。これにはビザ取得条件がやや緩いことに加え、同じアジア圏なので食生活や文化になじみやすい、という理由もあります。
それでは人気の海外移住先をいくつか見てみましょう!

80万円で永久ビザ取得可能!フィリピンは?
フィリピンで現地の人と同じような暮らしをするなら月5万円で十分。
ですが、日本人が満足できるレベルとなると13万円は必要になってきます。もっともこちらは自炊する、電気代の節約を心がける(フィリピンの電気代は高額!)ことなどで、いくらか抑えられるとか。とは言え、セキュリティ費用だけはケチることはできません。
現地の方の人件費があまりかからないため介護費も月3万円と見ておけば十分です。
出典:http://www.naru-web.com

200万の現地預金でビザ取得可能!親日国家タイでは?
タイは家賃には幅があるものの物価自体は日本の1/3。
また日本人向けの食べ物も多く、治安も比較的良いため「悠々自適なリタイア生活」にかなり近い国と言えるでしょう。
ただし、実際の生活費は15万円~というデータもありますので、無駄遣いは禁物です。
出典:http://president.jp

プール付きの豪邸が4万円から!マレーシアは?
マレーシアはビザ取得のために1000万近くの財産証明、月25万円以上の収入証明が必要です。年金満額受給だけでは少し厳しい金額です。物価がタイと同程度にも関わらず月平均生活費が20万円と少し高めなのは、元々富裕層の方が多いからでしょうね。
出典:http://president.jp 老後海外移住 ここであげたアジア3国、いずれも心強いのは日本の国民健康保険が使えること。ただ、どちらにしても各国の通貨価値が今後も変動していくことを考えると、老後海外移住に夢ばかり見てはいられなさそうです。
と思ったら、友だちに共有しよう。
介護のほんねニュースをフォローする 

関連リンク

Facebookコメント

寄稿者

編集者画像

ポッポ

介護のほんねニュースのライター。話題の介護関連キーワードの中から気になるトピックについて解説します。