老人ホームの費用、なぜこの値段?安い施設と高い施設の違いは?【プロが答える介護のあれこれ】

老後資金 , 施設の選び方
Line button
2015.05.25
老人ホームの値段

ご相談者のお悩み

最近、老人ホームについて調べ始めたのですが、値段がピンキリで驚いています。安い老人ホームと高い老人ホームにはどんな違いがあるのですか?年金や貯金で住むつもりなのでできるだけ費用は抑えたいですが、安すぎる施設はなんだか不安です。かといって豪華すぎる施設に住むつもりもありませんが・・・、値段によってどんな違いがあるのか知りたいです。(千葉県/50代/男性)

そもそも老人ホームに住むために掛かる費用とは?

老人ホームといっても、どのようなホームにご入居を希望されるのかによって費用は大きく変わってきます。また価格といっても、入居時にかかる費用毎月必要な費用があります。

  • 入居時にかかる費用とは
  • 入居一時金と言われる費用があります。終身で利用する権利を取得するために支払われる費用や、前払い賃料などが含まれます。前払い賃料というのは、入居想定年齢から平均余命などを参考に想定入居期間の家賃相当額として算定された費用などです。

  • 月額費用とは
  • 入居時に支払う費用とは別に、毎月支払う月額費用があります。月額費用に含まれているのは、入居一時金に前払い賃料が算定されていない場合の、賃料、管理費、食費などです。施設が用意しているパンフレットなどに記載されている費用以外にも、介護保険の自己負担分、医療費、水光熱費(管理費に含まれる場合あり)などが別途かかる場合もあります。

    安い施設と高い施設の違い

    金額の大小について言えば、お部屋の広さや、共用施設の充実度、職員の人員配置、その施設の土地の値段・・・など、さまざまな要素によって違いがあります。一般的には高額になればなるほど、施設設備などは充実し、人員配置も手厚くなっています。
    老人ホームを探される際は、費用だけでなくサービス内容や立地などご自身にとって必要な条件をよく吟味して、見学や体験入居などでよく確かめてからご入居されるようにしてください。

    と思ったら、友だちに共有しよう。
    介護のほんねニュースをフォローする 

    関連リンク

    Facebookコメント

    寄稿者

    編集者画像

    田中宏信

    (株)エイジプラス 東京支社長兼関東有料老人ホーム紹介センター主任相談員。介護施設の紹介業をしつつ、プライベートでは全国の被災地へ出かけてボランティアをしてます。