今年も猛暑がやってくる!介護中も冷房と上手に付き合うポイント3つ

脱水症状 , , 冷房
Line button
2015.06.24
冷房

扇風機にうちわ、そして風鈴

こんな昔ながらの雰囲気がたまらなく好き!という方もいるでしょうが…。残念ながらここ数年、冷房なしでは乗り切れないレベルの猛暑が続いています。
ですが、高齢者の中には冷房に「体に悪い」「もったいない」という考えを持つ方がいまだに少なくないようです。もちろん、冷房の効かせすぎが体にもお財布にも優しくないのは事実。でも、何かと体調を崩しがちな高齢者の方には、冷房と上手にお付き合いしてほしいものですね。
ご家庭で介護をしている方、夏の暑さ対策どうしてますか?

小さな子どもと高齢者は、同じくらい体温調整が苦手!

子どもや高齢者がうまく体温調整できないのは、温度を感知する皮膚のセンサー機能と熱を発散する能力が低いのが原因。温度を感知するセンサー機能が低いので、心身ともに暑さ寒さを感じにくくなっています。つまり、本人が「暑い」と感じないだけでなく体の方も暑さに気付きません。ですから、体は「体温を下げよう!」という指令をなかなか出さないのです。
本人からの訴えがないままぐんぐん体温が上がり、発汗していけば・・・心配されるのは熱中症や脱水症状。特にご家族でも目の届きにくい夜間に熱中症になる高齢の方、多いそうですよ。

出典:http://www.wbgt.env.go.jp/

冷房を上手に使いこなすポイント

  • 1. 室温計を用意
  • 本人やご家族の感覚よりもまずは室温計をあてにしましょう。目安になるのは室温28℃、湿度60%前後です。

  • 2. 内外気温差は5℃以内
  • お元気な方の場合、散歩などで日中出かけることもあるでしょう。外気にふれると皮膚の温度センサーが多少なりとも活発になりますから、もちろんこれは良いことです。でも、いきなり冷房の効いた室内に帰ってくると、ちょっとの変化で体調を崩してしまう高齢者の方にとって、急激な温度変化はあまり良くないものです。まずは扇風機を回しながら換気をするなど、少しずつ外気温と室温の差を調整しましょう。

  • 3. 「寒い」という訴えには敏感に
  • 「冷えすぎる」というのが高齢者が冷房を嫌う理由のひとつ。運動量が少なく、もともとの体温がそう高くないからかもしれませんね。かといって室温30℃を超える部屋で「寒い」と言われても困ります。直接送風口を向けないなどの方法で、体感温度が下がりすぎないようにしてあげましょう。

    高齢者向けエアコンも登場

    最近では、高齢者の方向けに改良された「高温パトロールモード」搭載エアコンも発売されています。買い替え時に合わせて、こんなタイプを検討してみるのも良いかもしれませんね。

    と思ったら、友だちに共有しよう。
    介護のほんねニュースをフォローする 

    関連リンク

    Facebookコメント

    寄稿者

    編集者画像

    ポッポ

    介護のほんねニュースのライター。話題の介護関連キーワードの中から気になるトピックについて解説します。

    閲覧数ランキング