これはオススメ!!エアコン以外で涼む方法4つ

高齢者 , , 冷房
Line button
2015.07.29
エアコン以外の涼み方

暑い夏の到来です!

近年、30度を超す真夏日は当たり前。最近では35度を超える猛暑日も珍しくなくなってきました。24時間エアコンに頼りたいけれど、電気代も気になるところ。そこで、エアコン以外に涼しく過ごせる方法をおさらいしてみましょう!

エアコン以外に涼む方法。おさらいするその前に…

高齢者は暑さや喉の渇きを感じにくかったり、また体温を調整する機能が低下していたりします。そのため、自分でも気づかないうちに熱中症になってしまう場合もあるんです。ですから、エアコンも上手に使っていきましょう。小さなお子さんがいる方も無理はしないようにしてくださいね。

まず、風の通り道を確認しよう!

部屋によっては、エアコンよりも窓やドアを開けて風を通した方が涼しい場合もあります。窓やドアを開けたり閉めたりしながら、風の流れを確認してみましょう。風の入口となる窓の外には、朝夕の涼しいうちに打ち水をします。その効果で空気が冷やされてより涼しい風が流れてきます。

ポイントは扇風機の使い方!

窓を開けても風の流れが良くない場合、扇風機の使い方次第ではグンと涼しくなります。そのポイントは扇風機を置く場所と置き方。窓の前に扇風機を置き、室内に向かって回すと効果的。ただ、都市部など住宅の密集した地域では、早朝など空気が温まっていない時間帯を選んで行うようにしましょう。空気の滞りがある場所には、扇風機の前に凍らせたペットボトルをおいて冷たい風を作る方法も個人的にオススメです。

日射しを遮ることも大切。

真冬はありがたい太陽の光も、真夏には酷なもの。窓越しでも空気を暖めますし、直接皮膚にあたることでより暑さを感じてしまいますね。家の中に入る日射しは遮光カーテン・すだれ・窓に遮光フィルムを貼るなどして遮るようにしましょう。朝顔やゴーヤなどの植物で作るグリーンカーテンは、日差しを遮る効果のほかに、植物が持っている水分が温度の上昇を防ぐ効果もあるそう。また、緑色には気持ちを落ち着かせる効果もあるので、そこでも涼しさを体感できそうです。シーツを洗って窓際に干すとカーテン代わりとなり、そして寝るときも気持ちが良くまさに一石二鳥です。

体に熱がこもらないような服装と体の冷やし方を知っておこう!

環境を整える以外に涼しく過ごす方法といえば、自分のからだに熱がこもらないようにすること。まず、通気性のよい服装を心がけましょう。そして、万が一熱がこもってしまったなというときには、濡れタオルなどで太い血管がとおる首・わきの下・足の付け根を冷やします。手首や足首でもよいでしょう。

と思ったら、友だちに共有しよう。
介護のほんねニュースをフォローする 

関連リンク

Facebookコメント

寄稿者

編集者画像

チヴェッタ

介護のほんねニュースのライター。話題の介護関連キーワードの中から気になるトピックについて解説します。