敬老の日って何をするの?なぜ9月なの?

高齢者 , 敬老の日 , お祝い , プレゼント
Line button
2015.09.16
敬老の日

敬老の日ってどんな日?

もうすぐ敬老の日。高齢者が身近にいる方はお祝いのことをうっすら考える時期ではないでしょうか。
ところで敬老の日はどんな日かご存知ですか?国民の祝日を定めた法律をみると、敬老の日は「多年にわたり社会につくしてきた老人を敬愛し、長寿を祝う」日とされています。地方自治体によっては、ある一定の年齢を超えた方にお菓子や記念品などが配られたりします。ハッピーマンデーが導入されるまでは9月15日が敬老の日でしたが、今は、敬老の日は9月の第3月曜日になっています。

敬老の日の始まりは昭和22年に兵庫県の八千代区から

敬老の日の始まりは昭和22年。兵庫県多可郡野間谷村(現:多可町八千代区)の村長が、高齢の方を大切にしてその知恵を借りた村づくりを行おうと「敬老会」などを催したのが最初だといわれています。当初は「敬老の日」ではなく、「としよりの日」と呼ばれていました。9月15日が選ばれたのは、農閑期で季候の良い時節だったからだそう。その後このムーブメントは兵庫県全体に広がり、昭和41年には、国民の祝日として「敬老の日」が制定されるまでになったのです。

出典:http://www8.cao.go.jp/

敬老の日をお祝いしよう!ところで敬老って何歳から?

いざ身近にいる年配の方を敬老の日でお祝いしたい!と思った時、おいくつの方であればお祝いしても大丈夫なのでしょうか?

言葉の定義では高齢者は65歳以上の方を示しますが、65歳を超えているからといって、ご本人が老人扱いされることに慣れていないこともけっこうありますよね。このあたりは判断が難しいところです。そこで、孫が生まれたことを敬老の日をお祝いするきっかけにしてみてはいかがでしょうか?孫からおじいちゃん・おばあちゃんへありがとうの気持ちを伝えて、一緒に時間を過ごすのは素敵ですね。
今年2015年の敬老の日は9月21日です。敬老の日に、おじいちゃんおばあちゃんへ感謝を伝えて、一緒にごはんに行ったり、難しそうであれば電話をするだけでもきっと喜んでもらえるのではないでしょうか。

と思ったら、友だちに共有しよう。
介護のほんねニュースをフォローする 

関連リンク

Facebookコメント

寄稿者

編集者画像

ロビン

介護のほんねニュースのライター。話題の介護関連キーワードの中から気になるトピックについて解説します。