エスカレーター事故に注意!高齢者に急増中

事故 , 高齢者 , エスカレーター , 転倒 , 転落 , 日本エスカレーター協会 , 「みんなで手すりにつかまろう」キャンペーン
Line button
2015.10.22
高齢者のエスカレーター事故

増えるエスカレーター事故 その6割が高齢者

ショピングセンターやデパート、駅などにあるエスカレーター。ごくごく普通の風景ですが、実は意外に多くの事故が起きているんです。 東京消防庁の管内では、平成23~25年の3年間に救急搬送された人だけでも3865人。その6割を占めているのが65歳以上の高齢者です。

どんなエスカレーターの事故が起きているんでしょうか。

高齢者に多いエスカレーターの転倒・転落事故

消費者庁のNews Releaseでは転倒・転落によるエスカレーターの事故の例がいくつか紹介されています。

  • 歩くのに杖が必要な50代男性。エスカレーターの後ろから上がってきた人が杖に触れ、バランスを崩して転倒
  • 両手に荷物を持ちエスカレーターに乗った70代女性。手すりを持てず、バランスを崩して転倒。顔からの出血と全身打撲
  • 上りエスカレーターに乗った50代女性。手すりを持たず、バッグの中を探る最中にエスカレーターが停止。その反動で前のめりになり頸椎捻挫の重傷
  • 上りエスカレーターを歩いてのぼっていた80代男性。バランスを崩して後ろに転倒し頭部を打撲。止めようとした人も転倒。
  • エスカレーターを歩く、手すりを持たずに乗る・・・。私たちもふだん何気なくしているこれらの行為がエスカレーター事故の原因になってしまうこと、少なくないようです。

    出典:http://www.kokusen.go.jp/

    出典:http://www.caa.go.jp/

    「エスカレーターの片側に立ち、空いている側を急いでいる人が歩く」

    みなさんの住んでいる地域ではそんな習慣がありませんか?

    実は、高齢者の多くが「エスカレーター上を歩くことを危ない」と感じています。上で紹介した高齢者の事故でも、自分が歩いていてバランスを崩した例や、歩いていた人との接触で転倒した例がありましたよね。

    近頃では、エスカレーター設計の見直しや安全装置の設置など、さまざまな安全対策が取られていますが、やはりハード面の対策だけでは限界があります。 もともとは、立ち止まって乗ることを前提に作られているエスカレーター。「便利な移動手段」とは思っていても、その危険性についてまで考える利用者はあまりいません。 そのため日本エレベータ協会では、エスカレーター上では歩かないようにするなど、注意を呼びかけています。

    みんなで手すりにつかまって、エスカレーターの事故を防ごう!

    平成27年7月21日~8月31日、「みんなで手すりにつかまろう」キャンペーンが実施されました。これは全国の鉄道会社や商業施設、日本エレベーター協会などが共同で行ったもの。利用者にエスカレーターの手すりを持ち、立ち止まって乗ることを呼びかけました。

    年齢と共に平衡感覚が衰えてくる高齢者は、エスカレーター上でもバランスを崩しやすくなるんだとか。高齢者も障害のある人も小さな子どもも、みんなが安全にエスカレーターを利用するために、「手すりを持って立ち止まる乗り方、意識したいですね。

    と思ったら、友だちに共有しよう。
    介護のほんねニュースをフォローする 

    関連リンク

    Facebookコメント

    寄稿者

    編集者画像

    ノック

    介護のほんねニュースのライター。話題の介護関連キーワードの中から気になるトピックについて解説します。