うす味派?濃い味派?高齢者ウケする味付けってどんなの?

施設の選び方 , 介護食 , 口コミ , 味覚
Line button
2015.11.28
高齢者の味付け

毎日の健康を支える食事の味付け

食事は生きていくのに欠かせないもの。同時に日々の生活の楽しみのひとつ、という方も多いのではないでしょうか。年齢とともに味覚や好みは変わる傾向がありますが、一般的に「高齢者ウケ」する味付けとはどんな味なんでしょうか。今回は「介護のほんね」に寄せられた多くの口コミのなかから、食事の味付けに注目してその傾向を探ってみました。

やっぱり健康志向?薄味派の意見

まずは北海道上川郡の有料老人ホーム「さわやか東神楽館」の口コミから。

「全体的に薄味。薄い味付けが好みの両親にはぴったりの味付けだと感じました」

− 「さわやか東神楽館」に寄せられたsamio(男性/50代)さんの「お料理が薄味で盛りつけが綺麗な施設」より

また、大阪府堺市のサービス付き高齢者向け住宅「ウィズイン北花田」には

「味付けは薄味で上品でした」

− 「ウィズイン北花田」に寄せられたカイン(男性/30代)さんの「見た目はマンションの施設」より

との投稿が。薄味を上品と表現しているところが素敵ですね。

さらに長崎県長崎市の「介護老人福祉施設・プライエム横尾」に寄せられた口コミには、こんな方も!

「それまで濃い味付けを好んでいたので当初は薄い薄いといっていたが、最近は材料の味が良く分かってきたと言うようになってきた」

− 「介護老人福祉施設・プライエム横尾」に寄せられたきこ(女性/40代)さんの「綺麗でスタッフので不満が他所より少ないも感じられた」より

口コミをたくさん拾っていくと、薄味仕立ての介護施設もたくさんあるように感じました。素材の味を大切にし、塩分やカロリーに気を使う方には好まれそうですね。

飽きない味付けも大切

食事は、味の濃淡だけでなく、バリエーションも重要ですよね。大阪府藤井寺市の軽費老人ホーム「ケアハウス どうみょうじ高殿苑」には次のような口コミが寄せられています。

「中華料理が多い気がする。和食がもっと増やしてほしいと思う」

− 「ケアハウス どうみょうじ高殿苑」に寄せられたばど花(女性/40代)さんの「明るく便利な環境にある施設」より

また、奈良県生駒郡の有料老人ホーム「ひまわり生駒苑」を見学されたという50代女性の声もあります。

「料理に気取りがなく素朴で家庭的な味付けこの食事なら毎日でも飽きない」

− 「ひまわり生駒苑」に寄せられたTOMTOM(女性/50代)さんの「元気な時も楽しめて介護になっても安心な施設」より

数多くの口コミから「ホッとする和食、素朴な味付け、しょうゆベースの優しい味」などが好まれる傾向が見られました。しかしずっと同じ味付けでは飽きてしまうもの。和洋中のバリエーションや、メニューの豊富さも大切な要素なのですね。

味を調節してくれる施設も!?

なかには個人の好みによって味を調整してくれるところもあるのだとか!北海道虻田郡の北海道虻田郡の介護療養型医療施設「洞爺温泉病院」にはこんな驚きの口コミが投稿されていました。

「食事への配慮は行き届いており、個人の好みや趣向に考慮されているようである。味付けも工夫されており食欲の増への気配りが伺える」

− 「洞爺温泉病院」に寄せられた洞爺の隠居(男性/70代)さんの「駅から遠いが、景観がよい施設」より

そこまで細やかな配慮をしようと思ったら人手が必要ですよね…。ここまでのレベルの食事はなかなか見られないのではないでしょうか。

結論!味濃い目が人気です

とはいいながらも実は、「介護のほんね」の口コミからは、印象として8割くらいの方は濃い味付けを好んでいるように見受けられました。そのなかでも「薄味に不満を抱いている」という声もあれば、「健康のため仕方なく食べている」「薄味に慣れた」など、いろんなパターンが見えてきました。高齢者は、味覚が衰え、若いころよりも味を感じにくくなっているため、濃い味を好むということもあるようです。

さて、あなたのまわりの方々は薄味派ですか?濃い味派ですか?

と思ったら、友だちに共有しよう。
介護のほんねニュースをフォローする 

関連施設

0.0
0件
入居費用-
月額費用-
入居条件
住所-
0.0
0件
入居費用-
月額費用-
入居条件
住所-

関連リンク

Facebookコメント

寄稿者

編集者画像

tamago

介護のほんねニュースのライター。話題の介護関連キーワードの中から気になるトピックについて解説します。

閲覧数ランキング