介護タクシーとは ~高齢者も安心の移動手段~

ヘルパー , 在宅介護 , 介護タクシー , 訪問介護
Line button
2014.12.04
”介護タクシーとは”

「介護タクシー」って?

高齢者の方の中にはご自身で運転することが難しくなり、通院やお買い物など、とても不便に感じられている方も多いと思います。
そこで注目なのが、ここ数年で利用者数が増えている「介護タクシー」です。介護タクシーというのは、介助が必要な高齢者や身体の不自由な方々が安心して利用できる交通手段の一つです。
例えば、車椅子に乗っている方が普通のタクシーに乗車される時、わざわざ車椅子から降りて車椅子をたたみ、目的地に着いたら再び車椅子を用意し乗り換えなければなりません。
これでは移動するだけでも大変な負担になりますね。
しかし介護タクシーなら、介護施設の送迎でも使われている乗用車よりも後部が広い福祉車両なので、車椅子ごと乗車することができ、移動がとても楽になります。

ほかにもこんなサービスが!

また、なかには訪問介護員の資格を持った方が同乗するサービスを提供している会社もあります。
この場合は実際にご自宅で訪問介護を利用するのと同じように、着替えや支度、食事や入浴などの本格的な介護など、移動の際の乗り降りのお手伝いだけでない大変細やかなサービスを利用できます。
訪問介護員が同乗する際の利用料は介護保険が適用されます。ご利用の条件が介護保険を使用できる要介護の方などさだめられていますので、ご自身が条件にあてはまるか事前にご確認ください。

どうやって利用するの?

介護タクシーはお近くのタクシー会社に問い合わせる以外にも、病院の相談員の方や、介護施設からもご紹介いただけます。各社で料金やサービス内容が異なり、前述の介護保険が適用されない(ヘルパーさんが同乗されない)場合もありますので、選ばれる際は十分に比較・ご検討ください。
また、選ぶ際の基準に「人柄」も重要される方も多いかと思います。
サービスや料金も大切ですが、実際に乗り降りのお手伝いをしてくださる運転手さんや乗務員さんのお人柄が良ければ、ますます安心して利用できますね。
これは介護施設やほかのサービスを受けるのにも大切なことです。その際はインターネットのクチコミサイトなどが参考になるかと思います。

これからの介護タクシー

平成25年9月の調査で、65歳以上の高齢者が全人口の4人に1人という報告があります。
3000万人の高齢者、また、身体の不自由な方・歩行が困難な方を合わせれば、かなりの数の人々が介護タクシーの利用者さんになります。高齢者の方にとって介護タクシーは便利な存在であり、今後高齢化が進むにつれて、ますます必要になってくるでしょう。
いざという時にはすぐ呼べるように、今からご希望にそった介護タクシー会社を探してはいかがでしょうか?
出典:http://kaigotaxikumiai.com/
と思ったら、友だちに共有しよう。
介護のほんねニュースをフォローする 

関連リンク

Facebookコメント

寄稿者

編集者画像

ポッポ

介護のほんねニュースのライター。話題の介護関連キーワードの中から気になるトピックについて解説します。