最期の日にふさわしい姿に。エンゼルケア・エンゼルメイクとは

葬儀 , グリーフケア , エンゼルケア , エンゼルメイク
Line button
2016.02.15
エンゼルケアとは

「エンゼルケア」で故人らしい姿に

従来、日本では「手を組む」「死に装束に着替える」「顔に白い布をかける」というスタイルの死後処置が行われる慣習がありました。ですが近年では、エンゼルケアと呼ばれる方法が増えてきています。エンゼルケアとは、故人にとってその人の最期にふさわしい姿に整える行為のこと。体を拭いたり詰め物をしたりするだけでなく、故人らしいメイクと故人らしい服を選び、生前の面影をできるだけ取り戻せるよう整えるというものです。

最後の医療として施されるエンゼルケア。近年では、家族や医療者・介護者の心のケアのためにも大切にすべきという声が高まっています。

エンゼルケアって何をするの?

闘病のすえに亡くなる人は、体に病気の痕跡や傷を残していることが少なくありません。元気だったころの面影をなくしていることも多く、闘病中の姿を知らない人が見送りに訪れると、その姿に驚いてしまうことも。エンゼルケアの内容は故人の状態や亡くなった場所、ご遺族の希望によって異なるものですが、基本的には病気の痕跡をできる限り隠し元気だったころの姿を取り戻すことが目的です。

点滴針などを抜いた跡や闘病でできた傷があれば、そこの手当を行い、体をきれいに拭きあげます。遺体からの感染を防ぐため、必要に応じて膣や肛門に詰め物をすることもあります。

ケアの一環としての「エンゼルメイク」

肌の色が変わったり、皮ふが乾燥したり…と、故人の体は、時間の経過とともに変化してしまうもの。そこで、生前の姿に近づけるためにおこなわれるのが、「エンゼルメイク」と呼ばれるメイクアップです。

エンゼルメイクは、血色のいい肌をつくり、闘病で生まれた血班や黄疸を目立たなくし、故人が元気だったころの姿を再現するために行われるもの。男性であっても、肌や唇の色を本来の姿に合わせるために施されるのが一般的です。しかしエンゼルメイクはあくまで故人らしい姿に整えるのが目的ですので、故人のイメージとかけ離れてしまわないよう注意が必要です。

残された人たちへの心のケアにも

エンゼルケアを行う大きな理由のひとつに、遺族の心のケアがあります。見送りの日の故人の姿は、残された人たちが何度も思い出す姿。故人を元気だったころの姿で送り出すことで、遺された家族の心が少し救われるのではないかと考えられているのです。

どのようなケアが行われるかは、病院や施設の方針によって異なりますが、家族がエンゼルケアに加わることができるところもあるようです。悔いのない見送りを行いたいという要望は多く、今後もますますエンゼルケアは充実していきそうです。

と思ったら、友だちに共有しよう。
介護のほんねニュースをフォローする 

関連リンク

Facebookコメント

寄稿者

編集者画像

シノヅカヨーコ

家事が嫌いなぐうたら主婦。25年2月生まれのムスメと夫の三人暮らしです。  子育てをしながら育児や暮らしにまつわる話題を中心にライターとして執筆活動をしています。