父の介護を10年間。私のカイゴ回顧録~介護する側にサポートを [前編]

doppo , 男性の介護 , 親の介護 , 介護 , 福祉
Line button
2016.02.03
介護する側にサポート

介護をする私へのサポート

みなさん、こんにちは。POLE・STAR株式会社の佐久間理央と申します。

10年に渡る父の介護生活の中、要介護者である父を中心にサポートしてくれる人はたくさんいました。でも、介護する私のサポートを専門にしてくれる人はいませんでした。

私のことをマネジメントしてほしい!

父の介護をする過程で、痛切に思ったことがあります。

『誰でもいいから、介護に関する情報と今必要なこと、そして私のことをマネジメントしてほしい!!』

フォーマル・インフォーマル合わせて情報もある、ケアマネージャーもいる、必要なこともわかっている、そして、何をどうしていいのかも知っています。 また、役所の申請主義についても重々承知しています。時間もそれなりにやりくりしている、つもりでした。

割り切れない感情

それでも、父の状況の変化で、次々と様々な判断をしなければならないことが頻繁に、仕事をしている身に降りかかってくるのです。

正直、想像を超えて面倒くさい!!

自分の親のこととなると割り切れない様々な感情もわいてくるし、頭で考えているようにいかないことも多い。さらに、私は割り切っていても、周りが割り切っていないこと等も頻繁に発生します。

<続く>

この寄稿文は全3回の連載です。

  • ひとりを楽しむ、アラフォー・40代独身女性「ソロネーゼ」のWEBマガジン【doppo】
  • 面倒くさい! 誰か私たちをマネジメントして!!
  • 株式会社POLE・STAR
  • この記事は、doppo の内容をアレンジしてお送りしています

    と思ったら、友だちに共有しよう。
    介護のほんねニュースをフォローする 

    関連リンク

    Facebookコメント

    寄稿者

    編集者画像

    佐久間 理央

    POLE・STAR株式会社ディレクター
    大正大学大学院人間研究科修士課程修了(社会福祉学)。
    私立国際武道大学、社会福祉法人武蔵野療園、社会福祉法人渋谷区社会福祉協議会等を経て現在POLE・STAR株式会社を設立。
    主に福祉や生活に関する相談、コンサルティングを行っている。