"周辺症状" の検索結果

ノック

ノック

最近、認知症ケアで使われることの多い「BPSD」。どんなものなのでしょうか?認知症の症状における位置づけとともにまとめてみました。
ポッポ

ポッポ

若年性認知症は18〜64歳で発症する認知症。本人やそのご家族は老年性認知症とはまた違った苦労を感じているようです。
チヴェッタ

チヴェッタ

たまに頭が痛くなるけれど、これって放っておいても大丈夫?頭痛は命にかかわる病気のサインの場合があります。どんな頭痛に気を付ければよいか、知っているだけでも安心ですね。
crooque

crooque

直接胃から栄養を摂取できるように人為的に造られる「第二の口」、胃ろう。日本と海外の違いとは?
横尾千歌

横尾千歌

最期は住み慣れた自宅で、と思っていても、なかなかそうはいかないもの。施設で最期を迎えた方の家族は、その経験を振り返ってみて今どんなことを思っているのでしょうか?
ポッポ

ポッポ

介護の現場でもよく見かける「アルツハイマー型認知症」と「レビー小体型認知症」。原因・症状・対応法など、簡単なポイントを押さえておきましょう。
ポッポ

ポッポ

「歯」はある日突然一気に抜け落ちるわけではありません。20代、30代、40代、そして妊娠中にも!年齢別「歯のトラブル」を見てみましょう。
ポッポ

ポッポ

医療技術の進んだ現代で、今「スキンシップ」の効果が見直されているのははぜ?赤ちゃんの成長を助ける愛情ホルモンって?
深澤裕之(LifePicks代表)

深澤裕之(LifePicks代表)

「OriHime eye(オリヒメ アイ)」は、パソコンや周辺機器を使用することで、介助者を必要とせず、視線での文字入力や入力した文字の読み上げ、メール、写真撮影が可能になった商品です。

新着記事

今週のキーワード

予備軍も含めると65歳以上の4人に1人がなっていると言われる認知症。実態や予防法、対応方法とは。