"多死社会" の検索結果

佐久間 理央

佐久間 理央

親や身近な人が老いていくという現実から目を背け続けていると、いざという時の対処が遅れてしまうかもしれません。
もなか

もなか

落ちるのは保育園児ばかりではありません。高齢者だって介護施設に入れずに落ちてしまうケースが多々あるのです。今回はそんな高齢者の介護事情をまとめてみました。
佐久間 理央

佐久間 理央

介護に対するアンテナを張っておくことは、いざという時に自分の身を助けます。
横尾千歌

横尾千歌

「リハビリ」と聞くとどんなことをイメージしますか?大変そう・続かなそう、と思われがちなリハビリを、アートの力で魅力的に。そんなデジリハに注目です。
中浜 崇之

中浜 崇之

「すべての人に自宅に帰れる選択肢を」をモットーに訪問看護事業に取り組むWyL株式会社代表取締役・岩本大希さんにインタビューしました。
佐久間 理央

佐久間 理央

口にしにくいからと言って、「「いつか、また今度」と介護の話を先延ばしにしてしまう・・・そうなるとたぶん、一生そのタイミングは見つからないと思います。
佐久間 理央

佐久間 理央

父の介護が終わった今だからこそ、「こうしておけばよかった」と思うことがたくさんあります。
tamago

tamago

社会につくしてきた高齢者を敬い、その長寿を祝う「敬老の日」。介護施設ではどのような一日を過ごしているのでしょうか。
佐久間 理央

佐久間 理央

一人で何でもがんばらないといけない・・・介護において、その思い込みは危険です。
横尾千歌

横尾千歌

「大変そう」「きつそう」といったイメージを持たれることの多い介護職。でも実際はどうなの?株式会社いっしんのサービス付き高齢者向け住宅「ここいち稲吉」のデイサービス部門で働く篠﨑美有さん、同施設の訪問介護部門で働く飯塚絢香さんに介護の仕事について伺いました!

今週のキーワード

意外と知られていない制度を分かりやすく解説!
予備軍も含めると65歳以上の4人に1人がなっていると言われる認知症。実態や予防法、対応方法とは。