"子育て支援センター" の検索結果

ノック

ノック

引っ越したばかりで知り合いがいない、子どもを遊ばせる場所がわからない、子育てが何となく不安で・・・そんなとき近くの子育て支援センターを訪ねてみては?ほっとできる何かが見つかるかもしれません。
チヴェッタ

チヴェッタ

「ちょっとした時間、子どもを預かってもらえたら。」「子育ても終わって空いた時間で人の役に立てないかしら。」そんな人たちの間を取り持つファミリー・サポート・センター事業についてご紹介します。
中浜 崇之

中浜 崇之

一昨年「介護のほんねニュース」で、株式会社アイムの運営する放課後等デイサービスを紹介しました。それからおよそ1年半。そのあいだに何があったのでしょうか?株式会社アイム代表の佐藤典雅さんに3回目のお話をお聞きしました!
ノック

ノック

高齢者のための街、シニアタウン。とはいっても介護施設ではありません。高齢者が生き生きと、人生を楽しむための街なんです。
レモン

レモン

家族や自分が若年性認知症を発症したらどうしよう!?考えるだけで不安ですが、早期発見・早期対応が大切。支援制度の活用や周りの見守りによってこれまでとは違う人生の価値を見い出せるといいですね。
チヴェッタ

チヴェッタ

リタイアしても、今の高齢者はまだまだ元気!シルバー人材センターの活用で、地域全体の活性化にも期待できるかもしれません。
ノック

ノック

出産後の女性が安心して働くために欠かすことのできない保育の問題。その保育にかかわる保育士の仕事とは?
横尾千歌

横尾千歌

「リハビリ」と聞くとどんなことをイメージしますか?大変そう・続かなそう、と思われがちなリハビリを、アートの力で魅力的に。そんなデジリハに注目です。
doppo編集部

doppo編集部

今後ますます増える「在宅介護」。いろいろな仕組みと合わせて、精神面のサポートも大切になってきます。
村田くみ

村田くみ

2003年講談社の「イブニング」に登場してから、今年で連載13年目に突入した介護漫画の『ヘルプマン!』。14年12月に、フィールドを週刊朝日に移して、5月末、胃ろうの是非を問う『ヘルプマン!! 介護蘇生編』(朝日新聞出版)が刊行されました。医療・介護の現場でも意見が対立し、介護をする家族が今も直面する難問になぜ体当たりしたのか。著者のくさか里樹さんにうかがいました。

新着記事

今週のキーワード

予備軍も含めると65歳以上の4人に1人がなっていると言われる認知症。実態や予防法、対応方法とは。