"明かり" の検索結果

深澤裕之(LifePicks代表)

深澤裕之(LifePicks代表)

「OriHime eye(オリヒメ アイ)」は、パソコンや周辺機器を使用することで、介助者を必要とせず、視線での文字入力や入力した文字の読み上げ、メール、写真撮影が可能になった商品です。
佐久間 理央

佐久間 理央

一人で何でもがんばらないといけない・・・介護において、その思い込みは危険です。
中浜 崇之

中浜 崇之

神奈川県川崎市にあるフクシアンテナショップであるブレーメン。福祉のお店とは思えないような鮮やかなブルーの外観がお店の外からも目立ちます。どのようにしてこんなにお洒落な福祉のお店が生まれたのでしょうか?NPO法人レジスト理事長の斉藤剛さんにお話を伺いました。
tamago

tamago

社会につくしてきた高齢者を敬い、その長寿を祝う「敬老の日」。介護施設ではどのような一日を過ごしているのでしょうか。
深澤裕之(LifePicks代表)

深澤裕之(LifePicks代表)

11月26日に、群馬県前橋市江田町にある「デイハウスみかんの花」で、イルミネーションの点灯式が夜に行われました。今年で6度目の点灯式は、評判が口コミで広がり、年々、観客も取り付けるLED電球も増えていくようです。今回はその様子を一部お伝えします。
中浜 崇之

中浜 崇之

老人ホームよりお坊さんがやりたかった、と語る河原至誓さんが明照会の理事長になったのは?過去から現在につながる思いを聞きました。
中浜 崇之

中浜 崇之

以前、「介護のほんねニュース」でご紹介した協和チャック工業のふとんカバー。今回「RakkuChanシリーズ」として製品化されるとのこと。そんな協和チャック工業代表の高井さんに、ふたたびお話をお聞きしました!
老友新聞社

老友新聞社

今、全国で歌声サロンが開催され、多くの高齢者が参加しているのをご存じだろうか。歌声といえば、1954年、東京都・新宿に生まれた歌声喫茶『ともしび』が有名だ。その『ともしび』は今も健在で、年齢の巾を超えた多くのお客でにぎわっている。
中浜 崇之

中浜 崇之

昨年、ご紹介した放課後等デイサービス「アインシュタイン放課後」。あれから1年、どのような変化があったのでしょうか?再びアイム代表の佐藤典雅さんにお話を聞きました!
老友新聞社

老友新聞社

伊藤綾子さんは、日本のファッション界を牽引してきたファッションデザイナーだ。そして、80歳代の今も現役で新しい商品を生み出している。その伊藤さんが心血を注いで創ってきたのが、高齢者ための洋服だ。伊藤さんの波瀾万丈な人生を紹介しつつ、伊藤さんが作るPGファッションに込めた思いを紹介しよう。

新着記事

今週のキーワード

予備軍も含めると65歳以上の4人に1人がなっていると言われる認知症。実態や予防法、対応方法とは。