"気晴らし" の検索結果

シノヅカヨーコ

シノヅカヨーコ

オーストラリア発祥のセラピー手法「ダイバージョナルセラピー」が、日本にもじわじわと浸透しはじめています。ダイバージョナルセラピーとはいったいどんなものなのか、解説します。
横尾千歌

横尾千歌

超高齢社会の日本。これからどうなっていくのでしょうか?どうしていくべきでしょうか?ご意見を募集します。
ロビン

ロビン

街中がクリスマス一色になる季節、介護施設でもクリスマスを楽しめるイベントが用意されています。そんな介護施設をあつめてみました。
tamago

tamago

介護施設ってなんとなく人里離れた場所にあるようなイメージってありませんか?でも見渡せば意外と都市部にもあるんです。都市型の施設をいくつかご紹介します。
深澤裕之(LifePicks代表)

深澤裕之(LifePicks代表)

4月リリースを目前に現在開発中の、介護に特化したソーシャル・ネットワーキング・サービス「Kaigo Letter」。サービスが生まれた経緯や広がる未来への可能性を、Kaigo Letterチームの3人にお話をお聞きしました。
tamago

tamago

社会につくしてきた高齢者を敬い、その長寿を祝う「敬老の日」。介護施設ではどのような一日を過ごしているのでしょうか。
tamago

tamago

介護施設に入居する100歳以上の方々。どんな日々を過ごしていらっしゃるのでしょうか? その暮らしの一端がうかがえる口コミをピックアップしてみました
川内潤(NPO法人となりのかいご代表)

川内潤(NPO法人となりのかいご代表)

大田区で展開されている「みま~も」という取り組みについて、発起人である澤登久雄さんにお話を伺いました。
中浜 崇之

中浜 崇之

私は将棋のルールをデイサービスにいらっしゃるお祖父様から教わりました。駒の動き方を覚えるまでは本当に苦労したことを覚えています。私みたいな素人がぶつかる将棋の難しさ(壁)をなくしたのがどうぶつしょうぎかもしれません。見た目もかわいいのでとっつきやすく、「将棋は男の子の遊び」みたいなイメージではなく、女の子でも手を出しやすいのではないかとおもいました。無言の戦い。そして相手の心を読む。そんな将棋の強みを子供の頃から楽しめるどうぶつしょうぎは、子どもや高齢者にとっても新しいツールかもしれませんね。
中浜 崇之

中浜 崇之

株式会社 FOSTER代表。 障がいをもちながら芸術活動に励むアーティストの作品を広める活動をしているアートコンサルタント。2017年3月、東京表参道EYE OF GYREにて知的障がいを持つ芸術作家のアート作品を展示・販売する企画展を開催予定。

新着記事

今週のキーワード

予備軍も含めると65歳以上の4人に1人がなっていると言われる認知症。実態や予防法、対応方法とは。