"認知症の村" の検索結果

シノヅカヨーコ

シノヅカヨーコ

いよいよスタートしたマイナンバー制度。認知症患者や、老人ホームに入っている人が注意したいポイントをまとめました。
村田くみ

村田くみ

2003年講談社の「イブニング」に登場してから、今年で連載13年目に突入した介護漫画の『ヘルプマン!』。14年12月に、フィールドを週刊朝日に移して、5月末、胃ろうの是非を問う『ヘルプマン!! 介護蘇生編』(朝日新聞出版)が刊行されました。医療・介護の現場でも意見が対立し、介護をする家族が今も直面する難問になぜ体当たりしたのか。著者のくさか里樹さんにうかがいました。
チヴェッタ

チヴェッタ

子どものそばに、若い頃の思い出が詰まった地に、はたまた憧れの地に…。住み慣れた地域を離れて介護施設を選ぶ際に、気を付けておきたいポイントとは?
チヴェッタ

チヴェッタ

今の日本の介護保険制度は高齢者向け。ですが若いうちでも介護が必要になることも。そんなときは障害福祉サービスを利用することになります。
岡勇樹(NPO法人Ubdobe代表理事)

岡勇樹(NPO法人Ubdobe代表理事)

全国老人福祉施設協議会(全国老施協)で事務局長を務める天野尊明さんに仕事に対する想いや信念を聞きました。「人間同士の対話を大切にする」という天野さんの勢いある語りに注目です!
チヴェッタ

チヴェッタ

「あの人もしかして…?」 認知症かもしれない、そんな人を街で見かけたときは、どのような対応をとればいいと思いますか?
ポッポ

ポッポ

介護が必要になっても住み慣れた地域でいつまでも暮らしていけるように、そんな目的で提供されている地域密着型サービス。転入先でもサービスは利用できるんでしょうか?
チヴェッタ

チヴェッタ

ニュースに取り上げられることが多くなってきた高齢者虐待。把握されている数字は表面化したものだけに過ぎず、実際はもっと多いと考えられています。思い悩まず、一歩を踏み出してみませんか?
深澤裕之(LifePicks代表)

深澤裕之(LifePicks代表)

「OriHime eye(オリヒメ アイ)」は、パソコンや周辺機器を使用することで、介助者を必要とせず、視線での文字入力や入力した文字の読み上げ、メール、写真撮影が可能になった商品です。
中浜 崇之

中浜 崇之

私は将棋のルールをデイサービスにいらっしゃるお祖父様から教わりました。駒の動き方を覚えるまでは本当に苦労したことを覚えています。私みたいな素人がぶつかる将棋の難しさ(壁)をなくしたのがどうぶつしょうぎかもしれません。見た目もかわいいのでとっつきやすく、「将棋は男の子の遊び」みたいなイメージではなく、女の子でも手を出しやすいのではないかとおもいました。無言の戦い。そして相手の心を読む。そんな将棋の強みを子供の頃から楽しめるどうぶつしょうぎは、子どもや高齢者にとっても新しいツールかもしれませんね。

新着記事

今週のキーワード

予備軍も含めると65歳以上の4人に1人がなっていると言われる認知症。実態や予防法、対応方法とは。