"読書" の検索結果

ノック

ノック

おしゃべりって楽しいですよね。年齢を重ねた方ももちろん、おしゃべりが大好き。でも、高齢者の方ってどんな話題が好きなんでしょうか?喜んでもらえそうな話題をさがしてみました。
ノック

ノック

家族の介護、あるいは仕事としての介護で本を読む余裕なんてない、そんな人にこそ手に取ってほしい本。答えは見つからないかもしれないけれど、ほんの少しの勇気や、笑いや、そして息抜きになればと思います。
横尾千歌

横尾千歌

この夏、医療福祉系セレクトショップ「HALU」がオープンします!どんな場所?どうして三軒茶屋?セレクトショップってどんなものを扱うの?代表の岡さんに聞きました。
ノック

ノック

どんどん便利になる家電製品、色んなコトができるようになりました。ですが高齢者にとっては機能があり過ぎて使いづらいという面も。操作が簡単にできないと危険な場合もあるようですよ。
中浜 崇之

中浜 崇之

一昨年「介護のほんねニュース」で、株式会社アイムの運営する放課後等デイサービスを紹介しました。それからおよそ1年半。そのあいだに何があったのでしょうか?株式会社アイム代表の佐藤典雅さんに3回目のお話をお聞きしました!
横尾千歌

横尾千歌

高齢化が進み話題になっている2025年問題。その時になってから気づいたのでは遅い…そこで気になる「人生ゲーム」とは?
横尾千歌

横尾千歌

超高齢社会の日本。これからどうなっていくのでしょうか?どうしていくべきでしょうか?ご意見を募集します。
中浜 崇之

中浜 崇之

私は将棋のルールをデイサービスにいらっしゃるお祖父様から教わりました。駒の動き方を覚えるまでは本当に苦労したことを覚えています。私みたいな素人がぶつかる将棋の難しさ(壁)をなくしたのがどうぶつしょうぎかもしれません。見た目もかわいいのでとっつきやすく、「将棋は男の子の遊び」みたいなイメージではなく、女の子でも手を出しやすいのではないかとおもいました。無言の戦い。そして相手の心を読む。そんな将棋の強みを子供の頃から楽しめるどうぶつしょうぎは、子どもや高齢者にとっても新しいツールかもしれませんね。
深澤裕之(LifePicks代表)

深澤裕之(LifePicks代表)

今回は、分身ロボット「OriHime」を体験しに、三鷹市にある株式会社オリィ研究所さんにお邪魔しました。
中浜 崇之

中浜 崇之

先日、「介護のほんねニュース」で、お話をお聞きした佐藤典雅さん。10月20日に『療育なんかいらない!』という本を出版したとのこと。今回は、療育のプロである作業療法士の石原陽子さんを交えて、佐藤さんに3度目のインタビューを行いました!

新着記事

今週のキーワード

予備軍も含めると65歳以上の4人に1人がなっていると言われる認知症。実態や予防法、対応方法とは。