"遠距離介護" の検索結果

ノック

ノック

家族の介護、あるいは仕事としての介護で本を読む余裕なんてない、そんな人にこそ手に取ってほしい本。答えは見つからないかもしれないけれど、ほんの少しの勇気や、笑いや、そして息抜きになればと思います。
佐久間 理央

佐久間 理央

介護が始まると起こりうること。最後は経済面の影響をご紹介します。
ポッポ

ポッポ

介護施設を選ぶとき、決め手になるのは料金?サービス?食事?…頻繁に面会に行くことを考えると、実は「アクセス方法」もかなり重要なんです。
深澤裕之(LifePicks代表)

深澤裕之(LifePicks代表)

「WHILL」の試乗体験に続いて、開発の経緯や仕事に対する想いなどを、WHILL株式会社営業・マーケティング1部部長の吉岡さんに伺いました。
中浜 崇之

中浜 崇之

株式会社 FOSTER代表。 障がいをもちながら芸術活動に励むアーティストの作品を広める活動をしているアートコンサルタント。2017年3月、東京表参道EYE OF GYREにて知的障がいを持つ芸術作家のアート作品を展示・販売する企画展を開催予定。
ロビン

ロビン

不足しがちな家族のケア。介護施設のスタッフは、ご利用者さん・ご入居さんだけでなく家族のことまで考えた対応をしていました。
ロビン

ロビン

もっとアクティブに、もっとパワフルに人生を楽しむために「旅行」のできる介護施設を選んでみませんか?介護のプロと同伴だから安心ですよ。
ポッポ

ポッポ

おじいちゃん世代、親世代、孫世代が一つ屋根の下で暮らす三世代同居。昔の日本ではごく当たり前の光景でした。そして今、再びこのかたちが見直されているワケとは…!?
中浜 崇之

中浜 崇之

若くして家族の病気や介護に直面するヤングケアラー。今回は、23歳で祖母の認知症介護を経験した福永陽子さんに当時を振り返ってもらいました。
中浜 崇之

中浜 崇之

「誰でもが好きな車に乗りたい」そんな当たり前のようなことが当たり前じゃないという事実。 贅沢とかそうじゃなくて、元気でいたい理由やリハビリを頑張る理由が自分らしい姿の継続につながることが、本当の目的であり目標だと改めて思いました。いつまでも自由に自分の好きなように選べることが1つずつ増えていくといいですね!!

今週のキーワード

予備軍も含めると65歳以上の4人に1人がなっていると言われる認知症。実態や予防法、対応方法とは。